CLPAとPIが相互接続 16年11月までに仕様書作成

2015年12月9日

FA用オープンネットワークのCC-Link協会(CLPA)とPI (PROFIBUS& PROFINET International)は、イーサネットレベルのネットワークで相互の接続性強化に取り組んでいくことで合意した。相互接続の共同仕様書作成に向けて2016年1月からWG(ワーキンググループ)をスタートさせ、16年11月をめどに完成させる。CLPAは日本発のオープンネットワークとして国内、およびアジア市場で普及が進んでいる。一方、PIは欧州市場を中心にアジアでも影響力を増している。 しかし、インダストリー4.0や産業用IoT(IIoT)に対応する生産システムの実現に向けたユーザーの動向に対し…