オリンパス 小型でタフな工業用内視鏡「シリーズC」発売 手ごろな価格で普及拡大

2015年12月9日

オリンパスは、工業用内視鏡の新シリーズ「シリーズC」を6月に発売。同社はハイエンド機種のIPLEXを展開しているが、シリーズCはひと回り小型で扱いやすいベーシックなタイプで、「オリンパス」ブランドの高画質と高性能、使いやすさに定評がある。同社科学国内営業本部科学国内営業企画部 販売企画1グループ課長の池田昌史氏に聞いた。 –工業用内視鏡の市場について。 品質管理や設備の保守点検などで、工業用内視鏡の市場は拡大している。 検査工程では、トラブルの記録に加え、いまは『問題がなかった』という証拠のために検査記録を残すという形に変わってきている。工業用内視鏡を使い、見えない内部まで入りこん…