最新の「産業のマザーツール」技術が集結 「SCF2015」「計測展2015 TOKYO」開催のごあいさつ

2015年12月2日

日本電気計測器工業会(JEMIMA)では「計測展2015 TOKYO」を、日本電機工業会(JEMA)、日本電気制御機器工業会(NECA)共催の「システムコントロールフェア(SCF)2015」と同一日程、同一会場で、12月2日から東京ビッグサイト西ホールとアトリウムを使って開催します。

「オートメーションと計測の先端技術が集う」を統一の展示会テーマに、開発、設計から工場やプラントを支える計測と制御に関する最新動向や最新技術をワンストップでお見せします。

JEMIMAでは、東京と大阪で1年おきに『計測展』を開催しており、広範囲にわたる、産業のさまざまな物理量を正確に測定し、電気信号として出力する「電気計測」を対象とした国内最大の展示会となっております。今回も、ものづくりを支える電気計測の最新テクノロジーや製品のほか、関連するICTやIoTなども含め、最新技術が一堂に会します。

近年、IT技術を活用してものづくりの効率化や自動化をさらに図っていこうという動きが盛んで、第4次産業革命の到来とも言われております。「計測展2015
TOKYO」では、こうした新しい潮流に対応する各種の最新ソリューションが多数展示される予定です。

また、JEMIMA、JEMA、NECAの共同企画による「第4次産業革命-つながる化-」テーマにした主催者特別展示や、講演・セミナーを通じてさまざまな情報を発信していきます。

さらに、JEMIMAでは「JEMIMA委員会セミナー」として、JEMIMAの各委員会による技術セミナーを7セッション企画しており、加えてフィールドコム・グループの国際会議もJEMIMA主催者企画としてカンファレンスとブース展示を行います。

産業のマザーツールと呼ばれる高性能かつ高精度な電気計測技術を持っているのが日本の強みのひとつですが、この電気計測のソリューションが一堂に会する「計測展2015
TOKYO」を通じて日本の技術力をさらに発展させていければと願っております。

一般社団法人日本電気計測器工業会
小野木聖二 会長