システム コントロール フェア2015・計測展2015TOKYO IoT、インダストリー4.0 最新製品・情報を発信

12月2日から4日までの3日間、「システムコントロールフェア2015」(主催=日本電機工業会、日本電気制御機器工業会)と「計測展2015TOKYO」(主催=日本電気計測器工業会)が東京ビッグサイトで同時開催された。インダストリー4.0、IoTの大波が日本を襲うなか、日本製造業の未来を占う一大イベントとなった。

■来場者7万人目標
SCFと計測展は西館を使って行われた。「オートメーションと計測の先端技術が集う」を統一コンセプトとし、前回13年から48%増となる来場者数7万人を目標とした。

18回目を迎えるSCFは、「技術がつながる、未来が拓ける。ものづくりイノベーション」をテーマに掲げ、最先端の制御システムやソフトウエア、コンポーネントを展示した。

計測展は「計測と制御で創る未来の地球」をテーマに、FA・PA用計測制御機器、環境計測機など計測・制御に関わるソリューションなど、新たな潮流である「第4次産業革命」を見据えた最新技術の展示を行った。

計測展の須原一郎実行委員長(アズビル)は「SCFと計測展の二つの展示会のつながる化。JEMAとNECA、JEMIMAの三つの工業会のつながる化、西館(SCF・計測展)と東館(国際ロボット展)のつながる化。2015年を締めくくるスマートマニュファクチュアリングの一大ムーブメントにしたい」と意気込みを語った。

■第4次産業革命のコンセプト展示
主催者企画では、特別展示「第4次産業革命-つながる化-」を実施。展示会場入り口付近にコンセプト展示ゾーンを設け、展示会の見どころ・最新情報をまとめて紹介。また、展示とプレゼンテーションステージにより、「第4次産業革命-つながる化-」の政策、日本・世界の動向、ものづくり・システムの歴史、将来像をわかりやすく解説した。

前回に続き、特別展示ゾーン「オープンネットワークゾーン」を設置。展示会が発信する新たな潮流「第4次産業革命-つながる化-」のもと、オートメーションを進化させる強力なツールとして、最新のオープンネットワーク機器・技術・サービスを集中展示して紹介した。また、特設プレゼンテーションステージでは参加各社の最新技術動向を発表した。

参加出展者は左記の通り(50音順)。eWON、HMSインダストリアルネットワークス、ODVA、Sercosアジア日本事務所、Softing・ガイロジック、ターク・ジャパン、日本AS-i協会、日本電機研究所、日本電機工業会(JEMA)、日本プロフィバス協会、日本モレックス、ハーティング、ヒルシャー・ジャパン、Motionnet協会、ユニテック、ルネサスエレクトロニクス、ワゴ・ジャパン。

海外パビリオンとして、アジアナンバーワンの産業展を目指し、グローバルで「情報を発信、交換、共有する場」を設けた。欧米・アジアからの大使館および関連団体が展示を行い、最新事情を紹介した。人と人が出会い、語り合い、共感し、「新たなビジネスチャンスを創造する場」。

西ホール中央のアトリウムには主催者ステージを設置。会期中、展示会のさまざまなイベント、出展者ブースの紹介を行う、情報発信基地となる。また、各界の第一線で活躍するゲストを招き、女性キャスターとの軽快な、楽しいトークショーが企画された。

アトリウムステージでは、全国各地の大学・高専研究室が、オートメーションおよび計測・制御に関する将来的技術・応用技術や、ものづくりに関するIoT活用技術などの動向について最先端の研究発表を展示。研究発表コンテストを実施し、特に優れた研究室を表彰した。

参加校は、久留米工業高等専門学校、津山工業高等専門学校、愛知工業大学、三重大学、新居浜工業高等専門学校、東京工業大学、長岡技術科学大学、電気通信大学、鶴岡工業高等専門学校、千葉大学、慶應義塾大学、神奈川工科大学、群馬工業高等専門学校(順不同)。

また学生向けイベントとして、業界ツアーと題して、業界研究の一助となるセミナー、ブース訪問のツアーを実施。

また初の試みとして、3日(木)午後4時~5時、展示会場内で「ハッピーアワー」を開催する。開催時間内限定で、参加出展者は出展ブースまたは特設会場において、来場者にビール、ワイン、ソフトドリンクなどを提供。

■キーパーソンが語る日本の製造業の未来
各展示会に出展される各社の最新製品も注目だが、今回の目玉は各社のキーパーソンがIoTやインダストリー4.0を語る各講演やセッション。

日立製作所副社長の齊藤裕氏による「現場と経営・社会をつなぐモノづくりの革新-日立が考える第4次産業革命-」のほか、日本GE専務執行役員の田中豊人氏「GEのインダストリアル・インターネット戦略」を開催。日本版インダストリー4.0を目指すIVI理事長、法政大学教授の西岡靖之氏らをパネリストに迎えたセッション「第4次産業革命で工場が変わる、社会が変わる」も行われる。このほか80の出展社セミナーを始め、合計119のセッションが行われた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG