不連続線線に異状なし 黒川想介 (8)

2014年10月22日

鳥が空を飛び、魚が水中を泳ぐことを生業としているように、人は物をつくることを生業としている。鳥や魚は自然界の流れのままに生活をするが、人は物づくりが生業であるから、自然界に抗って生活をする。だから人が構成する世の中の変化は速い。一日一日と変化しているが、変化の渦中にいると変化を感じない。時の経過を振り返って見ると、世の中が変わっていることに気づく。 技術の発達は時代の変化を加速させる。工業化技術に情報化技術が加わった90年代後半から世の中の変化が速く感じられるようになった。世界有数の経済大国になってから、部品やコンポ機器営業はいつも顧客から追いかけられるような忙しさの渦中で過ごしてきている。そ…