日昭無線 INPAQ社「ワイヤレス給電システム」 幅広い用途にきめ細かく対応

電子部品・機器総合商社の日昭無線(http://www.nmk.co.jp)は、7年前からグローバル企業であるINPAQ社の日本総代理店として、各種RFアンテナ、EMI/EMCソリューション部品、過電圧保護・過電流保護部品を販売し、あらゆる分野への浸透に取り組んでいる。材料組成、研究開発、製造、販売までをトータルで提供できることから、多様なユーザーニーズに対応できる。

現在、幅広い分野でワイヤレス給電ニーズが高まっているが、同社では「Qⅰ規格」に準拠した5V用の送・受信型コイル、及び制御モジュールの量産化体制を今年4月から確立している。ワイヤレス給電は、スマートフォンで、韓国メーカーが標準搭載しているが、日本や米国などのメーカーも今後採用を検討しており、外食産業などでも顧客サービスの一環として店内での充電インフラを提供している。

今後、ワイヤレス給電のアプリケーションは、ウエアラブル機器や車載機器、医療機器などに加え、M2M通信の普及に伴う工場などでのFA機器や社会インフラ設備など、さらなる需要拡大が期待されている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG