NO IMAGE

アルゴシステム バリューパフォーマンス追求の産業用PC 今夏「HiViPシリーズ」投入 顧客の生産性向上促進

アルゴシステム(堺市美原区小平尾656、TEL072−362−5067、北浦敏雄社長)は、顧客の生産性向上を進めるために、バリューパフォーマンスを追求した「HiViP(ハイビップ)」シリーズを順次投入する。 

同社は、産業用PCを中心に受託開発で培ってきた高い技術力を駆使し、ユーザーの立場に立った生産性の向上、顧客の価値を創造するイノベーションを推進することを目的に、ハイ・バリューパフォーマンスの「HiViP」シリーズを開発、今夏から随時販売を開始する。

同シリーズは、ファンレス、ディスクレスの完全スピンドルレスを実現した、高信頼性の産業用パネルPC/同組み込みPCで構成する「HiViP−Pシリーズ」、オールインワンコントローラの「HiViP−Cシリーズ」、多様化と統合化が可能な高機能表示器「HiViP−Gシリーズ」で構成。

インテルの最新高性能プロセッサである「Atom Bay Trail」を搭載。CPUの演算能力は、最大で同社のCeleronプロセッサ搭載機種の約2倍で、より高速な演算処理と用途の拡大が図れる。グラフィック性能は同約2・5倍で高精細な動画再生も容易に実現。消費電力は同約半分と省エネ設計を実現している。

オールインワンコントローラの「HiViP−Cシリーズ」は、HMI、PLC、同期制御、画像処理までを可能とする、EtherCAT対応のワンストップソリューション製品である

産業用PCベースに国際標準規格IEC61131−3準拠のソフトウェアPLCを搭載。リアルタイムOS「INtime」との連携でリアルタイム性能を大幅にアップ。2万ステップ/42μsの高速処理を実現。

さらに、PLCopen準拠の位置決め/同期制御のモーション制御ソフトウェア、OpenCV準拠の画像処理エンジン、JoyWatcherSuiteベースのHMIソフトウェアを搭載。従来のPLCによる制御システムを1台のコントローラで実現している。また、高速フィールドネットワークであるEtherCATとの連携で、センサやモータ、各種アクチュエータなどによる高速制御が可能である。 

「HiViP−Gシリーズ」は、多様化と統合化が可能な高機能表示器である。

同社は、「FAイノベーション」を掲げ、同社Core i製品にAI3ソリューション・パッケージをセットした製品を、すでに大手機械メーカなど約10社に納入、実績と高評価を得ている。

北浦社長は「今回、顧客の生産性向上を図るための商品として、『HiViPシリーズ』を全社挙げて積極展開する。同シリーズは高機能はもとより、設置スペースやコストの低減が図れる。今回はプラットホームの一新と商品群の見直しによりバリューパフォーマンスの高い商品群とした。今後、製品ラインアップの拡充とともに顧客の開発支援も強化していく」と語る。

販売面では、代理店販売のほか、専門展示会への出展やプライベート展示会の推進、ホームページでの販売拡充、各種セミナーの開催などを積極的に実施し、同シリーズの拡販に「全力投球していく」としている。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG