ワコム 出展概要

電気設計用CADのトップメーカーであるワコムは、好評の「ECADdio□」シリーズの新製品で動的回路整合化システムを搭載した「DCX
R1」、ハーネス設計や配線・測長などの機能に優れる「HARNESS+」、制御設計に特化した「STANDARD」を主体に展示、来場者に設計業務の効率化と工数削減を提案する。技術セミナーでは、今月17日発売の「ECADdioDCX
R1」を紹介する。

新製品「ECADdioDCX
R1」は、次世代設計エンジン「動的回路整合化システム」を搭載、設計効率の向上はもとより設計工数を70%削減できる画期的なCADとして会場で高い関心を集めそう。

動的回路整合化システムにより常時監視しているため、誤った接点シンボルを配置した場合でも瞬時に間違いを通知し、正しいシンボルへの変更を促す。また、外形配置図の作成中、部品が筐体に収まらず形式を変更して対応する場合でも、部品の形式を変更すると帳票も自動更新されることから整合性が保たれ、部品手配ミスや製造ミスを防止する。そのため汎用CAD利用時に比べ工数を70%削減できる。

「ECADdioHARNESS+」はハーネス回路設計に、「ECADdioSTANDARD」は電気制御設計に採用され、いずれも好評を得ている。
(http://cad.wacom.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG