ワコム 出展概要

電気設計用CADのトップメーカーであるワコムは、好評の「ECADdio□」シリーズの新製品で動的回路整合化システムを搭載した「DCX
R1」、ハーネス設計や配線・測長などの機能に優れる「HARNESS+」、制御設計に特化した「STANDARD」を主体に展示、来場者に設計業務の効率化と工数削減を提案する。技術セミナーでは、今月17日発売の「ECADdioDCX
R1」を紹介する。

新製品「ECADdioDCX
R1」は、次世代設計エンジン「動的回路整合化システム」を搭載、設計効率の向上はもとより設計工数を70%削減できる画期的なCADとして会場で高い関心を集めそう。

動的回路整合化システムにより常時監視しているため、誤った接点シンボルを配置した場合でも瞬時に間違いを通知し、正しいシンボルへの変更を促す。また、外形配置図の作成中、部品が筐体に収まらず形式を変更して対応する場合でも、部品の形式を変更すると帳票も自動更新されることから整合性が保たれ、部品手配ミスや製造ミスを防止する。そのため汎用CAD利用時に比べ工数を70%削減できる。

「ECADdioHARNESS+」はハーネス回路設計に、「ECADdioSTANDARD」は電気制御設計に採用され、いずれも好評を得ている。
(http://cad.wacom.co.jp)

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る