国際電業 海外事業・営業体制を強化 古川長武代表取締役社長

今年は2012年度からスタートした中期3カ年計画の仕上げの年にあたり、本格的な輸出の開始、海外拠点の拡充、営業人員の増員などで楽しみな年に仕上げていきたい。昨年発売した無線フットスイッチのようなマーケットを絞った狭く深い分野の新商品も発売していく。

3カ年計画2年目の13年度は、円安の進行で海外から輸入する原材料価格が高騰したため、やろうと思ったことが100%は実現できなかったが、建設、工作機械、医療機器向けのフットスイッチや、ソレノイドが好調で、売上高は前年度より6%前後は上がる見込みだ。

電機技術と電子技術を融合させた第1弾の商品となる無線フットスイッチは、フラッグシップ商品として市場に種をまいたもので、長く深く浸透させていきたい。今年もスタンダード、セイフティをコンセプトに、付加価値を高めた新商品をどんどん投入していく。取引先との共同開発も視野に入れている。

こうした新商品開発のために製造部隊を増員するとともに、東京・大阪・名古屋の営業部隊も増員する。14年度までに1割ほど増やし、販売体制を整える。価格を下げてまで売ることは行わずに、利益が出るような営業活動を浸透させる。

海外事業の拡充も今年の大きな課題で、中国の提携販売代理店を通しての輸出に注力していく。輸出はほとんどゼロからのスタートになるが、フットスイッチ、ソレノイドを中心に現地のローカルメーカーに販売攻勢をかけ、「輸出元年」としたい。

さらに、中国では国内、韓国に続いて製造拠点も設ける。今春には中国の提携工場で製造を開始する予定である。

今年も円安は続くとみており、原材料価格が上がっても商品の値上げは簡単には出来ず、景気も悪いと思っている。しかし、こうした中でも様々なアクションを起こして、良い年にしていきたい。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る