分岐点

2012年8月8日

ロンドンオリンピックのバドミントン女子ダブルスで4チームが無気力試合として失格となったとき、なぜか、近江商人の家訓「三方良し」の素晴らしさを改めて感じた。失格者は観衆を無視し故意にサーブをミスするなど、素人目にもはっきりとわかる試合をした。 コーチの指示で動いている選手を非難するつもりはないが、とくに驚かされたのは、世界ランク1位のペアが含まれていたことである。誰もが認める世界トップのチームに対して、観衆は最高の技術を見たいのである。次の組み合わせを考えず、堂々と金メダルを取って欲しいと思っている。 逆に、最高の技術に最高の品質「美」を付加した体操個人総合の内村航平選手は絶賛された。製造業でも…