知能化機能を搭載垂直多関節型三菱が産業用ロボット

2012年6月6日

三菱電機は、産業用ロボットMELFAの新製品として、知能化機能を搭載して、より高速な動作を実現した垂直多関節型の「RV―Fシリーズ」10機種(可搬質量2キログラム2機種・4キログラム4機種・7キログラム4機種)の販売を開始した。 標準価格は180万~350万円。2012年度3000台の販売を計画。 新製品は、軸数が多い垂直多関節型に干渉を回避できる知能化機能を搭載したことで、限られたスペースに複数台設置してもロボット同士の衝突を自動的に防止するとともに、相互の位置を把握する協調制御の搭載で、長尺物・重量物の搬送でも使用できる。また、力覚センサー(オプション)との組み合わせで、手先の力を制御でき…