2兆2000億円超す国内市場規模制御機器各社 医療機器分野に攻勢安全規制の克服がカギ

2012年6月6日

制御機器各社は、医療機器を今後の成長が期待できる業種として注目している。2兆2000億円を超える国内市場規模に対し輸入比率が約5割と極端に高いことから、国内産業の育成が加速すると見られている。また医療機器や付帯設備への制御機器の使用率は1%にも満たないものの、医療ロボットの開発、高度医療機器の電装率が向上するとの予測から、制御機器各社は医療機器業界に期待を寄せている。一方、安全対策など医療分野特有の規制があるため、簡単に販売できないもどかしさがある。 厚生労働省「薬事工業生産動態統計」によると、2010年の国内出荷額は2兆2855億円と04年以降、2兆円を上回っている。生産金額は1兆7134億…