FA技術日本経済復興の切り札 自動車関連の設備投資復活 省エネビジネス一大産業へ ロボット第1/第3次産業にも用途拡大

2012年4月25日

FA市場を取り巻く環境は、昨年3月の東日本大震災を境にして、流れに大きな変化が生じている。エネルギーや電力危機への対応がきっかけとなり、安全なエネルギーの確保、便利さ優先の生活から安全・健康優先の生活、そして日本のものづくりのあり方までを考え直す機会を与えた。 FA市場は今まで牽引してきた外需が、欧州の金融危機や、新興国の中心となって大きな伸長を見せていた中国市場の伸び率鈍化などを主要因に、円高なども加わり、各方面に大きな影響を与えている。テレビを中心としたデジタル家電も急激な価格ダウンにより、液晶や半導体メーカーの経営を大きく圧迫する結果になった。 これに対して、内需は企業の海外進出増加に伴…