11日に「スプリングフェア」開催過去最高の43社が出展

サンセイテクノス(大阪市淀川区西三国1―1―1、TEL06―6398―3111、浦野英幸社長)は、5月11日午前10時から午後6時まで、同社南大阪ビル(堺市美原区平尾3300―1)で、「SANSEI SPRING FAIR(サンセイ・スプリングフェア)2012」を開催する。

同フェアは「工場丸ごと改善のご提案―旬のアイテム夢の競演。『欲しい』が全部ここにある!」をテーマにした社内展示会で、旬の技術と機器・システムを紹介する。

出展メーカーは過去最高の43社。特別出展は同社技術部、関西大学社会連携部、伊藤園。同社技術部は生産現場の設備において顧客のニーズにかなった安全対策と、制御リニューアルなどを紹介。同時開催で、同社の「ファーム・物流センター見学会」も随時行うほか、午前11時から正午まで同ビルで関西大学システム理工学部倉田純一准教授を講師に「わがままなモノ作り」と題し、特別講演会を開催する。

出展メーカーは、CKD、IDEC、SMC、THK、相原電機、アズワン、エニイワイヤ、エム・システム技研、オプテックス・エフエー、オムロン、春日電機、倉茂電工、興和化成、コガネイ、コグネックス、サンコウ電子研究所、篠原電機。

スワロー電機、ダイワボウ情報システム、竹中電子工業、タケモトデンキ、デジタル、東芝産業機器システム、東洋技研、トラスコ中山、ナカバヤシ、日東工業、パトライト、パナソニック、パナソニック電工SUNX、パンドウィットコーポレーション、日置電機、日立産機システム、フエニックス・コンタクト、冨士端子工業、富士電機、三菱電機、三菱電機エンジニアリング、安川電機、ワコム。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG