社会インフラ関連需要が牽引市場活性化 操作用スイッチ アミューズメント向けなど民生分野も回復 小型・薄型・短胴化進む ワイヤレススイッチなど新機軸製品も注目

2012年4月4日

機械・装置のインターフェイスを担う操作用スイッチ市場は、国内で工作機械、ロボット、自動車製造など産業機器分野が堅調に推移しており、アミューズメント機器やセキュリティ機器など、FA以外の分野でも伸長を見せている。さらに高機能の操作用スイッチでは、電力分野や鉄道車両分野などインフラ関連での需要が拡大している。また、東日本大震災からの復興需要が今後本格化することへの期待もある。機能面では、機器の小型化に伴い小型・薄型・短胴化が進んでおり、デザイン性、安全性、保護構造の向上などが図られている。今後は、エネルギーマネジメントシステムやスマートグリッドなどの新市場開拓への取り組みも意欲的で、インターフェイ…