FA(産業用)コンピュータ各社の主力製品 ワゴジャパン メモリー容量倍増処理能力大幅アップイーサネット対応リモートー/O750シリーズ

ワゴジャパンは、好評発売中のプログラム可能型Ethernet対応リモートI/O750シリーズをフルモデルチェンジした新型をラインアップ。従来シリーズと比較してプログラム用のメモリー容量を倍増し、処理速度の高いCPUを採用するなど全体の処理能力を格段にアップしながらも、価格は据え置いた。従来品も併売する。

今回ラインアップの750―881は、Ethernetフィールドバスコントローラで、プログラムメモリー512KBを1MB、データメモリー256KBを512KB、CPU処理速度を約2倍、RJ45ポートを1個から2個(スイッチ機能内蔵)にそれぞれ増やした。

750―880は881にSDカードスロットを装備したタイプで、SDカードへのデータの書き出し、読み込みが可能。

750―882はネットワークの二重化を実現するため2つの異なるMACアドレスを持ったEthernetポートを装備(880、881も2個RJ45ポートを持つがスイッチ機能のみ)。

従来の750シリーズの各種入出力モジュールと組み合わせて使用できる。

(http://www.wago.co.jp)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る