12年度の電気制御機器出荷見通し2.6%増の6200億円NECA

2012年3月28日

日本電気制御機器工業会(NECA、山田義仁会長)は、2012年度の電気制御機器の出荷見通しを11年度比102・6%(160億円増)の6200億円となる見通しを発表した。これは過去最高の出荷であった07年度(6662億円)に対して、93・1%の水準。NECAでは、11年度は東日本大震災が発生したことから、出荷見通しの公表を控えており、2年振りの公式な見通しとなる。 国内出荷は同103・4%の3950億円で、輸出は同101・3%の2250億円となり、国内出荷の伸びを高く見ている。 国内出荷は、震災からの復興需要の立ち上がりが本格化し、住宅や道路などインフラ整備や設備投資が上向き傾向になると予測。ま…