韓国マシンビジョン協会が発足59社が加盟会長にベック・ホンギ氏

韓国マシンビジョン協会(KMVIA)が4日、会員59社で発足し、会長にベック・ホンギ氏(NIP社長)が就任した。米国aia、欧州EMVA、日本JIIAに次ぐ工業会設立。マシンビジョンの世界市場は1000億円と推測されているが、今後、4団体による標準化を通じて市場の拡大を図る計画。

KMVIAがソウル市Coexセンターで開催した発足式には、韓国のマシンビジョンメーカー、ディストリビュータ、関係官庁などのほか、日本JIIAや米国aiaも参加した。

ベック・ホンギ会長は「親睦を通じて公正な取引を進め、市場の拡大につなげていきたい。協会のために、いろいろご提案をいただきたい」とあいさつした。参加した政府関係者は「機械産業で品質を向上させることが顧客を満足させる。マシンビジョン協会にその役割を望んでおり、中小企業を支援し育成して欲しい」と語った。式典に参加した日本JIIA岡茂男代表理事は「これまで日米欧の3団体が標準化に取り組んできたが、今後は韓国KMVIAを含め4団体で標準化事業を推進しながら世界市場を拡大させたい」と期待を寄せている。

マシンビジョン事業者団体は、aiaが発足、その後03年に欧州EMVA、06年に日本JIIAが設立された。マシンビジョンは日本メーカーのシェアが高い。標準化でも09年にJIIAが提唱のCoaXPress規格が国際規格として制定されるなど日本の発言力は高い。韓国に団体が設立されたことで、国際標準化でアジアの意見が強まるものとみられる。

世界市場は1000億円。韓国市場はサムスンなど内製の大手企業を除き80億円とされ、日本から30億円が輸出されている。韓国はメーカーが少ないが、国家が機械産業の育成に取り組んでおりマシンビジョンの市場拡大が見込まれている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG