復興需要と節電対策関連 情報収集/発信に力入れる 中部地区

2012年1月25日

中部地区の生産状況は、タイの洪水の影響により、一時的に落ち込んでいたものの、緩やかな増加に転じてきている。自動車関連は、洪水による部品の供給制約が解消されてようやく軌道に乗ってきたところで、生産は上昇しつつあり、自動車部品は、国内完成車メーカーの稼働減から一時的に下がったものの、海外需要が引き続き堅調なことに加え、国内完成車の生産増から、こちらも緩やかな上昇傾向にある。 工作機械は、海外向けを中心に弱い動きがみられるものの、引き続き国内向けの需要に支えられていることから、全体としては横ばいになっている。 こうした状況下、中部地区の商社では、顧客のニーズを的確にとらえ、それらにきめ細かく応えてい…