複数のモニター取付自在ユニバーサルシステムレールタキゲンが発売

タキゲン製造(東京都品川区西五反田1―24―4、〓0800―222―2004、瀧源愛子社長)は、複数のモニターをすっきりレイアウトでき、耐振動性に優れるユニバーサルシステムレールを発売した。VESA規格に準拠。ワンタッチブラケットも各種用意している。

工場やオフィスで液晶モニターをテーブルに設置する場合、標準の脚ではタッチ入力時にぐらついたり地震などで倒れる危険性がある。

こうした課題解決のために、ユニバーサルシステムレールを開発したもので、アルミレールにワンタッチブラケットを介して液晶モニターを自由に設置でき、多様なレイアウトも可能である。

液晶モニターはブラケットで固定するが、上下左右に角度調整が可能。左右の位置関係は、システムレール上を移動させることで、最適なユニバーサルデザインが実現する。

システムレール背面にカバーを設け、ケーブルマネジメントを考慮。ブラケットはシステムレール直結で距離を短くした完全固定タイプ、角度調整可能タイプ、アーム式タイプの3種類を用意しており、各タイプともレバーでワンタッチ装着できる。

システムレールの角度も調整できる便利さがある。

しかも、システムレールは、支柱を介してテーブルと固定したり、直接壁に取り付けや天吊りなど様々な取り付けが可能。支柱にはRGBケーブルと3P電源コード2本を通せる。

社会インフラ関連制御卓、OAデスク、データセンターなどのオペレーション卓、車両用モニター、機械操作表示パネルなどのほかソフト開発、医療分野、金融、放送関連分野での利用に適している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG