配電制御システム来年度予算国交省が増額要求社会インフラ整備一般会計5兆1061億円震災復興に重点

2011年10月26日

国土交通省は来年度の概算要求をまとめた。規模は一般会計予算5兆1061億円(前年度比2%増)である。このうち、過去2年間は予算が削減された公共事業予算は4兆4837億円(同5%増)。日本再生重点化措置として6577億円を要望している。また、別枠に東日本大震災からの復旧・復興対策経費1兆1098億円を計上した。 概算要求の基本方針は、東日本大震災からの復興、全国の防災対策の強化、持続可能な社会づくり、成長戦略の推進などに重点を置いている。 主なものは次の通り。 ▽大震災復興(1兆1098億円)=安全性確保のための集団移転、市街地基盤の再整備、復興拠点の整備支援などを推進し、「低炭素・循環型社会の…