CLPA「CC-Link IE」モーション機能追加仕様書をリリース

CC―Link協会(CLPA)は、イーサネットベースの統合ネットワーク「CC―Link
IE」にモーション機能を追加し、11月から仕様書をリリースした。モーション機能が加わることで、CC―Link
IE
Field上の複数のサーボアンプを同期して動作させ、多軸補間などで高速、高精度のモーション制御を実現できるようになる。

モーションの同期通信は、マスタ局からスレーブ局までのデータの伝播する遅延時間を修正することで高精度な同期を実現している。通信速度は1Gbpsと高速なため、多数のスレーブ局との通信が可能になるとともに、1台のマスタユニットに多局接続でき、マスタユニットの削減によるコスト低減と省配線を達成することが可能。

また、制御用のサイクリック通信と情報通信用のトランジェント通信の帯域が別々のため、トランジェント通信の負荷が増大してもサイクリック通信性能には影響を与えない。トレーサビリティデータや品質データなど、情報通信のデータ量が増大しても、安定した高速制御を継続できる。

しかも、同期させる必要がないI/Oやセンサなどの情報も、同じCC―Link
IEフィールドネットワーク上に構築できる。

CC―Link
IEは、産業用ネットワークとしては唯一、1Gbps通信速度を実現している。

また、ケーブル、コネクタなど入手性の良い市販のイーサネット標準機器を利用しており、CC―Link
IE機器の空きポートにケーブルを接続するだけで機器の追加が可能。

接続も、スター型、ライン型、スター・ライン混在型、リング型と、自在なネットワークトポロジにより自由度の高いネットワークが構築できる。

そのほか、一般通信と安全通信を一つのネットワーク上に混在でき、IEC61508
SIL3、IEC61784―3(2010)に適合している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG