オムロン新長期戦略「VG2020」を発表売上げ1兆円へ山田新社長が方針

6月21日付けでオムロンの代表取締役社長に就任にした山田義仁社長は7日、2020年度を最終年度とする新長期戦略「Value
Generation2020」(VG2020)と事業戦略、さらに「変革」への決意について会見を行い、早期に売上高1兆円を達成するとともに、「もう一度オムロンのムーブメントを起こす」という強い変革への決意を語った。

「VG2020」については、同社の売上高が00年度から10年度までの10年間に僅か4%の成長に留まっていることから、成長力を復活させ早期に売上高1兆円以上、営業利益率15%以上の達成を掲げた。

事業戦略の実行については「GLOBE
Stage&EARTH
Stage(グローブ・ステージ&アース・ステージ)」の2つの視点を挙げた。

GLOBE
Stageは、11年度から13年度までの3年間で基盤づくりを行いグローバルでの収益・成長構造づくりを目指す。特に、市場が拡大する新興国を中心とした経済圏に向け、FA関連製品や消費材などのニーズに対応し、ものづくりを推進するためにIA(インダストリアルオートメーション)の活性化を図り、売上高7500億円、営業利益1000億円を目指す。EARTH
Stageは、13年度から20年度にわたり、新たな価値創出による成長を目指し最適化新規事業の創出を図る。さらに、GLOBE
Stageでの成長を加速させるとともに、地球規模で環境関連などのニーズに対応していく。

特に環境関連事業については、08年から環境推進部を設置し環境関連事業の種まきを行ってきたが、今後はそれらの事業を成長させ、開花させることを加速する。同社の省エネ関連事業では、太陽光発電用のパワーコンディショナや電力監視分野などがある。

電力監視では、他社とのアライアンスを含め、家庭向けではNTT、生産現場分野はオムロン主体で推進していく。

また、基本戦略としてIA事業の最強化、新興国市場での成長、最適化新規事業の創出を掲げている。

IA事業の最強化では、IAB(インダストリアルオートメーション・ビジネス)、EMC(エレクトロニックメカニカルコンポーネンツ)のさらなる強化に向けてオートメーション事業に最注力し、20年度に現在の約2倍となる売上高7000億円を目指す。

新興国市場については、中国に最注力するとともにインド、南米での販売を拡大させ20年度に現在の2・5倍の同4000億円を目指す。特に南米では、IAを中心にヘルスケア分野や車載分野にも注力する。

新規事業の創出では、環境事業のほか、ヘルスケア分野、社会インフラ関連に注力し、20年度に現在の7・8倍の同1000億円を目指す。特に安心・安全、健康、環境などのソーシャルニーズを捉え事業の拡大を図る。売上高1兆円達成への投資は、成長に伴う戦略投資としてGLOBE
Stageで1000億円規模を想定し、M&Aも視野に入れている。M&Aは、FA事業を強化するカテゴリーと、新興国開拓のための販売チャネルを開拓、SE強化などを狙う。

また、人材の育成では、戦略の実行性を高めるためグローバル規模で優秀な人材を登用し、長期的視野で育成を行う。

「変革」への決意では、若々しい企業、チャレンジする企業、イノベーション企業、グローバルで成長を実現する企業を目指すとし、同社創業からの理念である「社会の公器」を受け継いでいくことも強調した。

山田社長は「今年度からIAB、EMCなど主要カンパニー長が交代し、執行役員25人のうち、10人が50歳以下という若返りと世代交代が図られた。3年前から作田久男前社長、立石義雄名誉会長などが中心となって『若手層を形成し経営陣を固める』という意図のもと実現した。私は当社の主流でない分野の出身だが、まっさらな気持ちで変革に取り組み、社員と会社を元気づけていきたい。売上高1兆円の達成に向け、社員全員のベクトルを目標達成に合わせるとともに、人材の育成と企業風土の改革に取り組み、もう一度オムロンとしてのムーブメントを創っていきたい」と抱負を語った。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG