東北地方太平洋沖地震業界情報

2011年3月30日

<3月25日> オムロン グループ社員と同居の家族についても全員の無事を確認した。生産拠点の状況は、レーザ加工装置製造のオムロンレーザーフロント(神奈川県相模原市)が、通勤上の制約などで部分稼働状態だったが、18日時点で通常の出勤状態に復帰し、生産についても通常の状態に復帰した。一方、計画停電の実施により営業時間を変更する場合がある。 また、グループ会社で医療機器販売のオムロンコーリンは、地震の影響で閉鎖していた仙台支店を一部復旧した。 同社では、今回の地震による業績への影響を現在精査中である。 なお、同社及び同社グループ各社は12年度の社員採用について、被災地の学生に公平な選考機会を提供する…