フェニックス・コンタクト環境優先のものづくり推進エネルギーはじめ、随所で工夫

2010年7月7日

配線接続端子台をはじめ、各種オートメーション機器の総合メーカー、フエニックス・コンタクト(横浜市港北区新横浜1―7―9、青木良行社長)は、本社のあるドイツに4カ所のほか、海外5カ所の生産拠点を持ち、世界60カ国以上で営業を展開している。 地球温暖化問題が世界的な課題になる中、環境先進国であるドイツではものづくりを行う工場でも環境への意識は高いが、同社もその例外ではない。 ドイツ・ブロンベルグにある本社工場は敷地面積約3万3000平方メートルの広さを持つが、今年1月からプリント基板用端子台及びコネクター「COMBICON」の生産を行う新工場が稼働を始めた。2・5階建て延べ床面積約2万5000平方…