故障 の検索結果

不二電機工業 ストリング監視ユニット「SMH-14形」 PVパネルの故障検出・特定

不二電機工業は「スマートグリッドEXPO」に、ストリング監視ユニット「SMH―14形」などを出展。 同製品は、大規模太陽光発電システムにおけるパネルをストリング毎に監視(計測)し、故障検出や故障箇所を特定する、DC1000V対応のストリング監視ユニット。監視ストリング数に合わせたユニット設置を実現(1マスター、最大30ストリング監視)し、機器間の接続に短絡片を採用することにより、配線工数の大幅な削減も実現させている。また、万が一のユニット故障を早期発見するために故障診断機能を搭載。監視ユニットの健全性を常に診断(監視)し、機器のメンテナンス性を向上させている。 太陽光発電システムのストリングは…


ソーラーパネルの故障検出と故障箇所を特定 「ストリング監視ユニット」 不二電機工業が開発

不二電機工業(小西正社長)は、大規模太陽光発電システム用パネル向けに、複数枚のパネルをまとめたストリングごとに監視・計測し、故障検出や故障箇所の特定を行う、DC1000V対応「ストリング監視ユニットSMHシリーズ」を開発、10月から発売する。標準価格は、マスターユニット2万円、センシングユニット1万4000円。販売目標は初年度1億円。 SMHシリーズは、大規模太陽光発電用パネルの故障検出と、故障箇所を特定することができる。計測データは、ネットワーク接続により、遠方での監視やデータ蓄積が可能である。 同社の遮断端子台「SDH形」や、ヒューズホルダー端子台「PFH形」と連結が可能。機器間の接続には…


各社のFA関連製品 理光産業レベルスイッチ「MFS/RFSシリーズ」 故障少なくコンパクト設計

理光産業は、フロート、レベルセンサーの総合メーカー。レベルスイッチの分野では、樹脂製の「MFSシリーズ」、ステンレス製の「RFSシリーズ」などを中心に幅広いラインアップをそろえている。 特に、同社のレベルスイッチは、大容量タンクから機器組み込み用まで、材質、機能、性能別に豊富な機種をそろえており、幅広いレベル計測ニーズに対応している。 特徴は、故障が少なく場所を取らないコンパクト設計。接点部は、信頼性の高いリードオフスイッチ方式を採用し、精度が高く高信頼性で長寿命である。取り付け後の調整は不要で、保守の手間がかからない。 側面取り付け式などのアプリケーション対応により、自動車などのエンジン回り…


電磁開閉器とマニュアルモータースターター三菱が販売開始「MS-Tシリーズ」「MMP-Tシリーズ」1台で故障を防止

三菱電機は、電磁開閉器の新製品として、小型化と安全性、作業性を向上させた「MS―Tシリーズ」と、産業用モーターの故障を1台で未然に防止できるマニュアルモータースターター「MMP―Tシリーズ」を26日から販売を開始した。標準価格は、電磁開閉器が5630~1万5570円、2013年度70万台の販売を計画、マニュアルモータースターターは1万1000~1万8000円で、同8万台を計画している。 MS―Tシリーズは、内部構造の最適化で、電磁接触器部分の横幅寸法をフレームサイズ11A品では従来比約16%薄型の36ミリにし、電磁開閉器全体でもフレームサイズ20A品(補助2極)では同約29%の幅45ミリと小型…


特集表示関連機器主要各社の重点製品 故障を表示板の落下で通知落下式故障表示器「ZK形」不ニ電機工業

不二電機工業は、配電盤などの故障を検知すると表示板が落下して故障を知らせる落下式故障表示器「ZK形」を好評発売中である。 ZK形は、配電盤や監視制御盤などに取り付け、保護継電器などの動作で故障検出接点が閉路すると、表示板が落下し、表示窓が平常状態を示す黒色から橙色に変わり故障を知らせる。 復帰ボタンを押すと表示板は復帰し、故障が継続している場合は黒色と橙色の縞模様表示になり、故障が解除されれば自動的に平常状態の黒色に復帰する。 集合取り付けが可能で、一窓ずつのパネル加工が不要なため、作業工数の削減が可能。内部素子はプラグイン方式で、仕様変更や保守作業などが盤面前から容易に行える。 旗連動2接点…


マクニカ LPWAネットで振動診断、回転機械を常時監視

マクニカネットワークス(横浜市港北区)は、工場などのモータやファン、ポンプなどの回転機械の振動監視を行う「LPWA振動診断パッケージ」を、6月2日から順次提供開始した。   工場やビルにおいて、回転機械の故障を未然に回避するシステム導入のニーズが高まっているが、有線センサを使用する専門システムの導入にはハードルがあり、また、ハンディー振動計を用いた定期巡回計測では常時監視ができないという課題がある。   新製品は、LPWA無線振動センサを用いて、長期間連続稼働するモータやファンなどの回転機械に簡単に設置できる配線不要のソリューション。IP66仕様の屋外設置もできる電池駆動のセンサで、マグネット…


GII市場リポート 工業用X線装置、25年 7.8億ドル規模に

非破壊検査ニーズ高まる グローバルインフォメーションが取り扱うMarket sandMarketsの市場レポート「工業用X線装置の世界市場:画像技術別(フィルム式X線装置、デジタル式X線装置)・エンドユーザー別(石油化学・ガス、発電、製造業、航空宇宙、自動車・輸送機械)・地域別の将来予測(2025年まで)」によると、産業用X線装置市場は、2020年の5億3200万ドルから2025年には7億8400万ドルに達し、CAGR8.1%で成長すると推定されている。   産業の安全性と製品品質に関する各国政府の厳しい規制、自動車産業や航空宇宙産業におけるNDT(非破壊検査)への需要の増加、X線撮影システム…


基礎から学ぶ中国工場管理〜実例で学ぶ管理のポイント〜 (44)

設備管理-中国人が苦手な予防保全③ 「故障させない」重要性の周知を 前回と今回で、中国人が不得手としている設備管理に関する事例を紹介していますので、参考にしていただけたらと思います。   ②メンテナンス、予防保全 中国人は予防保全の考え方をあまり持っていません。設備が故障すれば対処(修理)しないと生産ができないので対処(修理)します。しかし、故障していない設備に何らかの対処をする、費用をかけることはしません。 予防保全は、故障させないための管理です。この予防という考え方の重要性を理解できている中国人は多くありませんし、苦手な分野と言えます。   (1)日常点検・定期点検での…


製造業・世界と戦う担い手づくり エキスパート待望【特別版】

在宅勤務の技術者に求められる成果とは 「技術情報発信型マーケティング」で貢献を   COVID−19の影響により在宅勤務(テレワーク)が続く現在。労働環境の激変は技術職である技術者の働き方にも大きな影響を与えています。 このような環境下において、試行錯誤をしながら企業の運営を継続するというのは、過去の知見がほとんど参考にならないということもあり、まさに難題の一つといえます。 今日のコラムでは在宅勤務が続く現状において、技術者がどのような成果をもって企業に貢献すべきなのか、ということについて考えてみたいと思います。   在宅勤務が困難な製造現場での技術者 技術者の中で明らかに…


ギークプラス 24時間365日対応、物流ロボ保守サービス開始

ギークプラス(東京都港区)は、物流ロボティクスの24時間365日対応の保守サービスを開始した。24時間365日ヘルプデスクを開設し、急な故障でも電話・メール対応を提供する。 国内遠隔サポートとして千葉テクニカルセンターからシステムを常時監視。異常発生時にはサービスエンジニアが迅速に対応する。定期的なシステムメンテナンスとロボットのシステムアップデートにより、常に最新機能の搭載が可能。修理に関しても、必要に応じてサービスエンジニアを迅速に現場へ派遣し、ロボットは1台単位で、運用と切り離して修理ができ、現場を止めずにメンテナンスが可能。 また予防保全として、サービスエンジニアが機器の点検/部品交換…