pfn の検索結果

トヨタとPFN、ロボット研究開発で協業

トヨタ自動車とプリファードネットワークス(PFN)は、トヨタの生活支援ロボット ヒューマンサポートロボット(HSR)をプラットフォームとして共同で研究開発を行うことに合意した。 HSRを数十台規模でPFNに貸与し、今後3年間で両社が連携して研究開発を行い、両社が持つ既存の知的財産等の情報も含め相互の技術を共有し、また共同研究の成果も両社が自由に活用可能とすることで、サービスロボットの実用化に向けた開発加速を図る。 古賀伸彦トヨタ未来創生センター長は「トヨタは2004年頃からパートナーロボットの開発に取り組み、12年には生活支援ロボットとしての基本的なプラットフォームを有するHSRを開発した。H…


ファナック・PFN 放電加工機のAI機能開発

ファナックとPreferred Networks(東京都千代田区、PFN)は、ファナックのワイヤカット放電加工機「ロボカットα-CiBシリーズ」の加工精度を高めるAI熱変位補正機能を共同開発した。 今回開発したAI熱変位補正機能では、ワイヤカット放電加工機の温度変化による加工精度変動をAI(機械学習)技術を活用して予測・制御し、補正精度を従来機能比約30%改善。小型から大型のワークまで適用できる。オプション機能として提供され、11月から受注を開始する。 またロボドリル版の同機能も開発を進めており、近日提供を開始する予定。PFN西川徹CEOは「今回、製造業で重要な課題の一つである、制御パラメータ…


日立・ファナック・Preferred Networks AI活用で合弁

ファナック、日立製作所、Preferred Networks(PFN)の3社は、産業・社会インフラ分野のエッジデバイスにAI技術を活用したインテリジェント・エッジ・システムの開発を目指し、4月2日付で合弁会社「Intelligent Edge System」(山梨県南都留郡)を設立する。3月31日付で日立製作所の執行役副社長を退任し、4月1日付でファナックの副社長執行役員に就任する齊藤裕氏が新会社の社長を兼任する。 インテリジェント・エッジ・システムは、クラウドと工作機械、産業機械、ロボットなどのエッジデバイスとの中間層においてAIを活用し、定時性をもったリアルタイム制御を実現するシステム。 …


NTTコムグループ GPUプラットフォーム 国内最大級のスーパーコンピュータに採用

Preferred Networks(東京都千代田区、以下PFN)は、自動運転技術やがん診断をはじめとした深層学習(ディープラーニング)などの研究開発用プライベート・スーパーコンピュータを、9月から稼働した。 このスーパーコンピュータは、NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区、以下NTTコム)とNTTPCコミュニケーションズ(東京都港区)の高速演算処理(GPU)プラットフォームを採用し、計算ノードにはNVIDIA製「Tesla P100 GPU」を1024基搭載。理論上のピーク性能は4.7ペタフロップスで、民間企業のプライベートな計算環境としては国内最大級となる。 今後、PFNは今回構築し…