nec の検索結果

NECプラットフォームズ、エッジに最適 コンパクトボックス型コントローラ

NECプラットフォームズ(東京都千代田区)は、エッジコンピューティングに適したコンパクトボックス型コントローラを、9月11日から販売開始した。 近年、IoTの普及に伴い、工作機械のコントロールや工場・店舗などにおける設備のIoT化に対して、デバイスや利用者に近いエッジ領域でリアルタイムに、かつ大容量にデータを処理することが求められている。   新製品は、工場での組み込み用途のコントローラなど、工作機械の制御やセンサで収集したデータの処理や、生体認証に際しての画像データの処理を主なターゲットとしたボックス型コントローラ。 180×180×50ミリメートルの小型設計で、NEC製標準デスクトップPC…


NEC 物体の外観データ可視化、LiDARを活用 異常検知分析エンジン開発

NECは、LiDARを活用し、対象物の外観データを可視化することで異常を検知する異常検知分析エンジンを開発した。 変電設備など異常値に関するデータ学習が困難な設備での活用が期待でき、東北電力ネットワーク宮城管内の変電所で同エンジンを用いた巡視点検システムのフィールド検証を本年10月から実施し、製品として20年度中の販売開始を目指す。 LiDARは、レーザー等の光を対象物に照射し、その反射光を捉えることで、その対象物までの距離や輝度を測定し、対象物の形状・輝度を読み取る技術で、測定結果は点群データとして対象物を可視化することができる。同エンジンは、得られたデータに基づき、周辺と異なる輝度、過去デ…


NECソリューションイノベータ 食品製造で検査支援、AIとプロジェクションマッピング

NECソリューションイノベータは、AI技術で判定した不良品や異物などの対象物を、プロジェクションマッピング技術により生産ライン上で直接マーキングし、追跡する「NEC AI・画像活用見える化サービス/動的マーキングオプション」を、生産ラインの作業現場の品質や進捗の見える化を支援する「NEC AI・画像活用見える化サービス/生産管理・検査支援」のオプション機能として提供を開始した。 同製品は、プロジェクションマッピング技術により、プロジェクターの光が不良品や異物などの対象物をリアルタイムにマーキングして生産ラインのスピードに合わせて追跡することにより、検査作業や仕分け作業における現場作業者の負荷軽…


NEC ロボット作業用AI技術を開発、ティーチング 時短可能

NECは、ロボットのティーチング作業を自動化するAI技術「目標指向タスクプランニング」を開発した。 ロボットに作業させるには、一般的には専門家によるロボット動作のティーチングが手動で行われ、物品の整列や箱入れなどのロボットにとって複雑な作業は、作業手順とロボットの動かし方を最適化するための試行錯誤を行い、作業設定に数時間程度かかることが多い。 今回同社が開発したAI技術は、例えば「複数の部品を棚上のトレイに仕分ける」という作業目標を指示すると、バラバラに置かれた部品を適切な順序でピックアップし、棚にぶつからずにトレイに運ぶよう作業手順とロボットの動かし方を自動で最適化する。専門家が人手で2〜3…


NECA&JARA 4〜6月市場統計、制御機器出荷 前年同期比7%減、ロボット受注9.9%ダウン

苦戦続くが中国に回復の兆し 世界的な自動化需要で拡大した制御機器、ロボットだが、2020年は年初から世界的な新型コロナウイルスの感染拡大によって苦戦が続く。日本電気制御機器工業会(NECA)と日本ロボット工業会(JARA)は4-6月の市場統計をまとめたが、いずれも前年同期比を下回った。 その一方で、最大の市場である中国だけは制御機器とロボットともに前年を上回り、回復の兆しが見えてきた。しかし米中関係が悪化しており、まだ慎重に見る必要がある。   制御機器出荷は5大品目前年下回る NECAは、2020年度第1四半期(4-6月)の制御機器の出荷統計をまとめた。出荷金額は、前年同期から11…


JEMA&NECA「PLC使用状況調査」プログラム互換性 要望多数

日本電機工業会(JEMA)と日本電気制御機器工業会(NECA)は、PLCの使用状況等を調査した「2019年度プログラマブルコントローラおよびプログラマブル表示器の使用状況調査(Webアンケート)報告書」を公開した。   回答者はエンドユーザー(44%)、セットメーカ(31%)、エンジニアリング・システムインテグレータ・ソフトウエア受託開発等(21%)で、彼らのPLCの使用用途は「搬送装置」が60%で最も多く、「組立加工機械」(39%)、「プラント制御装置」(35%)が続く。「産業用ロボット」も増加している。PLCを選ぶ条件は「信頼性」が最も多く44%。「プログラミングの容易性」(35%)、「価…


NECA新会長に山本氏、定時総会で後任選出

日本電気制御機器工業会(NECA)は、尾武宗紀会長(オムロン)が人事異動に伴い3月31日付で理事を辞任したことから、5月29日開催の定時総会で後任の新会長に山本真之オムロン執行役員インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー企画室長を選出した。


NEC 5G活用し墜落事故防止、安全帯の使用状況確認

NECと建設・IT関連企業で構成するワーキンググループは、5Gを活用した建設現場の安全性向上の第一弾として、高所作業時の墜落防止に必須である安全帯の使用を促進するシステムを共同で開発した。 同システムは、墜落を防止する安全帯の使用状況を改善するもの。高所作業場所にサインビーコンを設置し、作業員のヘルメットには振動ビーコンを取り付けて、作業者が所定の高所エリアに入ると振動によるアラートで安全帯の使用を促す。また安全帯のフックにはセンサを取り付け、フックを掛けることでアラートは停止する。フックの使用状況や作業員の位置情報は無線ネットワークによって常時サーバに送られるため、現場責任者は管理画面で安全…


NECA 19年度電気制御機器年間出荷統計、出荷総額6437億円、8.8%減

米中貿易摩擦 新型コロナ 影響大きく打撃 日本電気制御機器工業会(NECA)は、2019年度の電気制御機器の年間出荷統計(自主統計)を発表した。米中貿易摩擦やコロナウイルスの影響を受けて、国内、輸出ともに苦戦し、出荷総額は前年比8.8%減の6437億円となった。 仕向地別では、国内向けが3928億円。前年比7.9%減となり、4年ぶりの前年割れ。米中貿易摩擦の影響で工作機械や半導体製造装置、自動車関連の部品と設備投資の低迷が影響した。 輸出は、前年比10.3%減の2509億円。米中貿易摩擦による中国を含むアジア・太平洋地域が低迷し、その影響が欧米にも拡大。さらに、第4四半期に新型コロナウイルスの…


NEC ファクトリコンピュータ、エントリーモデルに3機種

NECは、24時間安定稼働が必要とされる設備監視や医療機関などでの利用に適したファクトリコンピュータエントリーモデル「FC-PMシリーズ」の新製品「FC-P34W」「FC-P36K」「FC-P31X」の3機種を4月20日から販売開始した。 新製品は、従来機と比べて筐体サイズはそのままに、処理性能が1.3倍に向上しており、HDDに加え、SSD搭載モデルも用意。FCシリーズとして初となる拡張スロット部分へのNVMeSSD(M.2型:100GB)実装にも対応している。これにより、需要が拡大している画像データや各種ログデータの高速処理が可能となった。 また、従来のクライアントOSに加え、FC-P34W…