acサーボモータ の検索結果

安川電機 ACサーボモータ累積出荷台数、2千万台達成

安川電機のACサーボモータが、2020年8月に累積出荷台数2000万台に達した。 同社は、1958年に原型となるミナーシャモータ(直流サーボモータ)を世界で初めて発売した。 ACサーボモータは83年に開発後、92 年10月に「Σ(シグマ)シリーズ」を発売し、12年2月には累積出荷台数1000万台を29年間で達成したが、2000万台は8年間で達成した。 13年11月からは、世界最高のサーボ性能に加え、安全性のさらなる向上や環境への配慮をし、コンポーネントからシステムによる付加価値の向上を目指した現在の主力機種である「Σ-7シリーズ」を販売開始している。 また、グローバル4拠点(アメリカ、中国、欧…


多摩川精機 ACサーボモータ「TBL-iⅣsシリーズ」低慣性で高い加速性の最適設計

多摩川精機は国際ロボット展に、ロボット産業を支えるコンポーネント(モータ、角度・慣性センサ)群を展示し、独自の特徴ある技術力をアピールする。 同社のACサーボモータはロボット用途で幅広く採用されているが、特に「TBL-iⅣ(ティービーエル・アイフォー)シリーズ」は、中慣性・小型タイプでユーザーから好評を得ている。 また、最新シリーズのACサーボモータ「TBL-iⅣs(ティービーエル・アイフォー・エス)シリーズ」も展示する。 TBL-iⅣsシリーズは、低慣性で加速性が高く、高頻度運転のロボットに最適な設計となっており、用途に合わせて2つのシリーズを用意している。 さらに、ロボットのアーム先端や指…


三菱電機 ACサーボモータ「MELSERVO-J4」 基本性能は業界最高レベル

三菱電機は、テクノフロンティアのモータ技術展(ブース№4D-51)に、「ものづくりの多様なニーズに最適なソリューションを」をテーマに出展する。 最新の三相・ギヤード・サーボモータの製品動向を「e-F@ctory」と交えながらFA-IT統合ソリューションとして紹介し、人・機械・ITと協調した「次世代のものづくり」実現を目指す。 また、パワーエレクトロニクス機器の多様なニーズに対応したプラクティカルなSiC・Siパワーデバイスなど、最先端技術をステージでの説明を交えて訴求する。 さらに、レーザ変位センサ「MELSENSOR」、表示器GOTなども展示する。 このうち、ACサーボモータ「MELSERV…


三菱電機 ACサーボモータ「MELSERVO-J4」 基本性能は業界最高レベル

三菱電機は、テクノフロンティア(ブース№8A-301)で、「Tothe Next Stage of Energy Savings~ものづくり・開発の現場に、最適な提案を~」をメーンテーマに出展する。 「e-F@ctory+駆動制御ソリューション」では、国内省エネ法のトップランナー規制に対応したモータ・ギヤードモータをはじめ、電力量、漏電等の各種情報やデータを用いた予防保全、監視(モニタリング)をデモ実演で提案。さらに、FAとITを融合し、生産現場と経営全体の最適化を可能にする人・機械・ITと協調した「次世代のものづくり」をアピールする。 このうち、ACサーボモータ「MELSERVO」は、J4、…


パナソニック ネットワーク対応ACサーボモータ&アンプ「MINAS(ミナス)A6シリーズ」発売

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、産業機械設備や産業用ロボットなどの立ち上げのリードタイム短縮、生産性向上に貢献するネットワーク対応ACサーボモータ&アンプ「MINAS(ミナス)A6シリーズ」を11月から発売した。 同製品は、超小型・軽量の「ACサーボモータ」。本体長は67.5ミリ、重量760グラムで、従来製品に比べ20%減。業界最速クラスの応答の「ACサーボアンプ」は、速度応答周波数3.2kHzで、従来製品比30%の高速化を実現している。 また業界最高クラスの通信周期を実現したネットワークアンプをラインアップ。機械・装置のネットワーク化に対応し、コントローラとサ…


安川電機 ACサーボモータドライブ拡充 AC100Vタイプ追加

安川電機は、ACサーボモータドライブ「∑―7(シグマ・セブン)シリーズ」に、電源電圧AC100V入力形を追加し、ラインアップを拡充した。価格はオープン。 ∑―7シリーズは、「7つの極める心揺さぶるソリューション」をコンセプトに、2013年11月から販売を開始した。 「装置性能」「使いやすさ」「環境性能」「安心」「サポート」「ラインアップ」「互換性」を重視し、速度応答周波数は3・1k?Hzと世界最高を実現するとともに、振動抑制機能などをさらに進化させており、従来機種のΣ―Ⅴ(シグマ・ファイブ)で好評を得ていた調整レス機能をさらに進化させながら安定性が約2倍に向上し、ゲインの調整なしで発振せずに俊…


オリエンタルモーターに見る「ステッピングモータ」と「ACサーボモータ」の基礎技術と最新動向

ステッピングモータ、ACサーボモータ、リニアモータ、単軸ロボットなど、自動化装置に活用されるアクチュエータの精度や使い勝手が進化している。なかでも最も汎用性が高いといわれる「ステッピングモータ」「ACサーボモータ」について、基礎技術から最新動向を取材した。 まず、ステッピングモータ大手のオリエンタルモーター(東京都台東区)によると、ステッピングモータとACサーボモータでは、エンコーダの有無だけではなく、動作原理が大きく異なるという。ステッピングモータは小歯を持つステーター(固定子)とローター(回転子)の二つの部品から構成され、励磁相を順次電気的に切り替えることで、小歯一つ分の動作を精密に行う。…


レアアース使わないACサーボモータ山洋電気が販売開始

山洋電気は、サーボシステム「SANMOTION Rシリーズ」に、レアアースの中でも特に高価なジスプロシウムをまったく使わないACサーボモータ=写真=を開発、今月から順次販売を開始した。フランジサイズ60ミリ角と80ミリ角の2種類で、価格はオープン。 新製品は、ジスプロシウムレスのマグネットを使用した設計により実現したもので、レアアースの価格変動や資源調達に左右されにくくなる。 また、同社の従来品(R2)に比べ、コギングトルクを約30%低減しており業界トップレベルの低コギングを実現している。 さらに、モータ制御性の向上で加工精度も高くなっており、高精度が求められる工作機械の送り軸に最適。


サーボモータ 各社の主力製品 パナソニックACサーボモータ・アンブ「MINAS-A5Nシリーズ」 速度応答周波数2.3KHzを誇る

パナソニックは、超高性能ACサーボモータ「MINAS―A5シリーズ」出力50W~15kW(100/200/400V)、超高速ネットワーク「RTEX」対応「同―A5Nシリーズ」を好評発売中である。 A5シリーズは、応答周波数2kHz、4つまでの機械共振を抑制するノッチフィルタ、停止時の揺れを低減する制振フィルタ機能を持つ。IP67に対応し耐環境性をアップ。20ビット分解能エンコーダを搭載し低コギングを実現したモータが、装置の高タクト・低振動・小型化に貢献する。 欧州安全規格EN954―Safety Stop―0準拠。オートチューニング時における自動発振抑制機能、試運転動作機能を搭載し簡単に扱うこ…


Acサーボモータ累計出荷台数安川、1000万台突破 発売28年目で快挙達成

安川電機のACサーボモータの累積出荷台数が、1000万台を突破した。同社は1984年8月にACサーボドライブの販売を開始しており、28年目での快挙達成となる。 同社は、サーボドライブ(サーボモータおよび制御装置)のリーディングカンパニーとして、84年にACサーボドライブ製品を初投入後、92年9月に「∑シリーズ」を発売し、93年にACサーボモータの累計出荷台数100万台を達成している。05年には500万台、07年5月には現在の主力機種である「∑―Vシリーズ」を投入しており、この効果で、12年3月に1000万台に到達した。 同社ではACサーボドライブ市場で、革新的な技術を盛り込んだ製品を開発し、機…