稼働率 の検索結果

オムロン 次世代近接センサ 世界最長の検出距離 自動車・部品工場設備稼働率を向上

オムロンは、自動車および自動車部品工場における設備の稼働率向上に貢献するため、世界最長の検出距離を実現した次世代近接センサ「E2E-NEXT」と取り付け治具「e-治具」を10月2日に発売した。価格は長距離タイプが7700円~、スパッタ対策・長距離タイプが1万1900円~。 同社が行った調査によると、エンジン部品の製造現場では突発的な設備停止が年間約1600時間発生しており、そのうちの15%にあたる約240時間が、近接センサと検出物体との衝突や誤動作によるもの。近接センサの検出距離を長距離化することで、設備の経年劣化による摩耗や振動で発生する衝突や誤動作を削減することは可能だが、既存の技術では周…


ファナック・シスコが協業 ZDT展開、稼働率向上へ

ファナックとシスコシステムズは、工場で稼働している産業ロボットをネットワークに接続し、製造業界における複数の顧客企業で効率的な運用を推進していくことに対し、両社で協業していくことを発表した。 工場内に設置されたサーバでロボットの稼働状況を解析し故障予知を行い、定期メンテナンス時の部品交換や、不意の生産・製造ラインの停止、生産エリアや工場全体で生産業務の中断に至る事態を避けられるゼロダウンタイム(ZDT)ソリューションを展開していく。 ZDTソリューションは、ロボットや制御装置、あるいは製造工程に何らかの不具合が発生する可能性をシステムが事前に検知し、ダウンタイムが生じる前に情報を提供し、事前の…


エヌエー ステップ式フロートスイッチ 環境性能で稼働率向上

磁気応用センサのエヌエーは、環境性能向上を通じ、製造現場の稼働率向上に寄与している。最近では、耐衝撃フロートスイッチや耐熱レベルセンサ(電流出力タイプ)を発表。厳しい環境下でも安心して使用できる製品をはじめ、ユーザーの使用環境を考慮した製品ラインアップを強化している。 液面をはかるレベルセンサ(電流出力タイプ)は5ミリピッチでの水位検出が可能な製品を開発。従来のレベルセンサでは、複数箇所の水位で信号を発信したい場合に、物理的に複数台を設置するか、何度も取り付けや検出位置の設定をし直さなくてはならなかったが、新しいレベルセンサなら設定はそのままで、検出したい水位を自由に設定できるため、センサ購入…


稼働率向上、工数削減に貢献デジタルリンクセンサエニイワイヤが本格展開

省配線システムのエニイワイヤ(京都府長岡京市馬場図所1、TEL075―956―1611、鈴木康之社長)は、三菱電機が推進するセンサ連携ソリューション「iQ Sensor Solution(iQSS)」のパートナーメーカーとして、「デジタルリンクセンサ(AnyWireASLINK)」を本格展開する。 三菱電機のiQSSは、同社のシーケンサ(MELSEC)と、同社のパートナーであるエニイワイヤなどのセンサメーカーのセンサとの接続や、調整が簡単なセンサ・ソリューション。 立ち上げやモニター、パラメータ設定が簡単にでき、作業者の作業負荷を軽減する。さらに、センサの状態やエラーを一括把握することができ、…


失敗しないフォークリフト端末の導入東研の「無線LAN端末による車載システム」に見る 車載端末・スキャナー・電源装置と入出庫ソフトで構成稼働率向上、ポカミス防止へ豊富な経験から最適システム提供 パレットに不可欠なフォークリフト オペレーションをサポートする車載システム 車載システムの電源対策も完璧 重要性増す安定した電源供給 振動軽減の端末設置機構

パレットを中心とした様々な物流現場で使用されるフォークリフト。この分野にもパレットを指定場所まで移動させるうえで稼働率を高め、しかも安心・安全に作業できるオペレーションシステムの導入が進んでいる。フォークリフトは大量に使う大型倉庫から2、3台の倉庫、屋内、屋外、振動、積載物重量、移動距離などいろいろな条件下で使用されるため、オペレーションをサポートする車載システムが作業効率を左右する重要な位置付けとなってくる。それだけに、導入に際しては自動認識技術や電源技術をフル活用し物流現場を熟知したトータルソリューションが重要である。自動認識システム大手メーカー・東研の最新「無線LAN端末による車載システ…


アドバンテック&IIJ 産業IoTで協業、プラットフォーム国内展開

アドバンテックとインターネットイニシアティブ(IIJ)は、アドバンテックがグローバルで提供している産業分野向けIoTプラットフォーム「WISE-PaaS(ワイズパース)」について、日本国内のビジネス展開で協業する。 IIJのセキュアなネットワークとクラウドサービスを組み込んだ日本市場向けの新たなサービス「WISE-PaaS JP」を開発し、20年1月から提供開始する。 WISE-PaaSは、生産設備や産業用コンピュータ等からデータをリアルタイムに収集して状況を可視化し、稼働率把握や遠隔監視、予兆保全等を可能にするプラットフォーム。IIJは閉域ネットワークを活用したIoT向けに高セキュリティなネ…


IPGフォトニクスジャパン、加工用レーザーの最新トレンド解説(中)

「ファイバーレーザー」小型装置で高出力 CO2・YAGとの決定的な差 レーザー技術は、既存の機械的な加工ではできなかった超精密加工や加工時間の短縮を実現し、加工技術に大きな変革をもたらした。いま、その加工用レーザーもCO2レーザー、YAGレーザーを超える「ファイバーレーザー」が世界を席巻し、新たな価値を生み出している。 ファイバーレーザーの世界トップメーカー・IPGフォトニクスジャパン(横浜市港北区)の菊地淳史取締役に、レーザー業界の最新トレンドを解説してもらった。2回目となる今回は、ファイバーレーザーとCO2レーザー、YAGレーザーとの比較を中心に紹介する。   CO2とYAG 日…


シュナイダー クラウドベースの機械常時遠隔監視サービス、低コストで簡単導入

最短半日 幅広い製品一元管理も シュナイダーエレクトリックは、自社製品をIoT化して遠隔監視を可能にするクラウドベースの機械の常時監視サービス「EcoStruxure マシンアドバイザー」を、6月3日から中堅機械メーカー向けに提供を開始した。機能を作り込んだレディメイドで、初期コストを抑え、容易に導入できるのが特長だ。 同製品は、自社の機械を設定してクラウドに接続するだけで、出荷後に客先で使われる機械や装置の構成部品情報の一元管理、稼働状況の管理と確認が可能になる。すでに作り込んであるため、価格が安く、最短半日で使用が可能。シュナイダー製品以外の制御機器も登録でき、幅広い製品の一元管理と監視が…


NTTドコモ 製造ライン分析を提供、課題特定 改善提案まで

NTTドコモは、製造ラインの稼働状況をリアルタイムに可視化・分析できる「docomo IoT製造ライン分析」を、4月8日から提供開始した。 同サービスは、中小製造業における人手不足や付加価値の創出・最大化などの課題をICT活用によって解決することをコンセプトにしており、製造機械に取り付けた加速度センサーで振動を計測し、機械稼働データの可視化・分析を行う。2019年夏ごろからはオプションで、専門コンサルタントによる分析データをもとにした課題特定と改善提案サービスを開始し、生産性の改善提案までをワンストップで提供する予定。 サービス開始にあたり、同社では中小製造業での実証実験を行なっており、「既存…


HPCシステムズ、ディープラーニング向け 水冷クーラー搭載GPUワークステーション

HPCシステムズ(東京都港区)は、水冷クーラー搭載GPUワークステーション「PAW-200」を3月12日より販売開始しました。 ディープラーニング向けに複数GPUを搭載した高性能ワークステーションを設計する際には、CPUとGPUは最大稼働率で動作するため大きな電力が必要であること、高性能GPUを複数枚隣接して搭載させた際は放熱不足によりGPUクロック低下を招きやすい、という2つの大きな課題があります。 「PAW-200」は、CPUと4枚のGPUを2つの電源で分散して電力を供給する設計となっており、電力供給の安定化を図ると同時に一般的な100V環境下での運用も可能とし、一般的な環境でも機器導入を…