産業用制御システム の検索結果

東芝情報システム セキュリティツール、産業用制御システムへのサイバー攻撃を検知

東芝情報システムは、トリップワイヤ・ジャパンの産業用制御システムにおけるセキュリティツール「Tripwire Industrial Visibility」を1月から販売開始した。 近年、データが生成される産業用制御システム(ICS)などのOT領域と、それらのデータを活用するIT領域が統合され、OT領域にもセキュリティの脅威が広がり始めているが、多くの企業はITとOTを別々に管理しておりOTのセキュリティ対策が遅れている。 新製品は、ITとOTを区別せず企業内の情報資産を洗い出し、IEC62443やNISTなど産業系セキュリティの国際基準に準拠した運用をサポート。ファームウェアやデバイスの脆弱性…


富士通 FPGAに実装のネットワーク機器、サイバー攻撃を遮断

富士通は、産業用制御システムなどへのサイバー攻撃を、物理的に遮断するネットワーク機器「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA Data Diode」を8月18日から販売開始した。 従来のサイバー攻撃に対するセキュリティは、ファイアウォール方式などによる防御が主流だが、OSやソフトウエアの脆弱性、設定ミスなどが問題視されている。 新製品は、データダイオード方式による完全片方向データ通信機能を、回路構成をプログラムできるFPGAに実装。通信機能は、OSやTCP/IPなどの汎用通信アプリケーションを使用せずにFPGAに実装しているため、脆弱性リ…


Moxa OTとIT両面保護、産業用ネット防御ソリューション

台湾・Moxaは、OTとITの両面における産業用ネットワークの保護に特化した、産業用ネットワーク防御ソリューションを発表した。 昨今のサイバーセキュリティ・インシデントの多発を受け、各国の政府は種々の法規制を制定し、電力、エネルギー、交通、製造業といった業界は、産業用制御システム、特にクリティカルなネットワーク・インフラに向けたサイバーセキュリティ対策の実装が求められている。 同社が発表した新ソリューションは、IPS(侵入防御システム)などのIT向けのクリティカルなサイバーセキュリティ・テクノロジーを搭載し、なおかつ既存の産業オペレーションを維持したままOTネットワークをサイバー脅威から保護で…


ストラタス、トレンドマイクロ、シーイーシーが協業 サイバー攻撃を防ぐ、無停止型エッジサーバーを提供

日本ストラタステクノロジー、トレンドマイクロ、シーイーシーの3社は、産業用制御システムの領域で協業し、無停止型エッジサーバー「Stratus ztC Edge 110i Secured by Trend Micro」を7月16日から提供開始した。 産業用制御システムは可用性が必要なため、セキュリティインシデント発生時の再起動が困難だったり、クローズドネットワークの場合にはインターネット接続が必要なセキュリティ製品の導入ができない場合がある。加えて、障害が発生した際、作業員が容易にシステムの復旧をすることが求められる。 新製品は、ストラタスのサーバー「Stratus ztC Edge 110i」…


ストラタステクノロジー エッジ向け新モデルコンピューター、セキュリティ・監視機能強化

米・ストラタステクノロジー社は、シンプルな操作で高いパフォーマンスと可用性を実現するエッジ向けコンピューターとして、仮想化および可用性レイヤーの「Stratus Redundant Linux 2.0」、および新ハードウエアモデル「ztC Edge110i」を、6月4日から日本でも販売を開始した。定価は190万円。 2018年9月に発売した「ztC Edge100i」を、セキュリティ、システム監視、および可用性で機能アップを図った。 セキュリティでは、産業用制御システムに求められるニーズに対応し、ホストベースのファイアウォール、USBポート使用の制限、認証の改善、安全な通信プロトコル、信頼でき…


日本ハネウェル 新管理システム「つながった」複数拠点カバー

日本ハネウェル(東京都港区)は、多様な複数プロセス制御ネットワーク、拠点やベンダーを有する産業用途向けのサイバーセキュリティ ソフトウエアソリューションを発表した。 同ソリューションは、ICS(産業用制御システム)向けサイバーセキュリティソフトウエア「ICS Shield」とマネージド・セキュリティ・サービスを組み合わせることで「つながった」複数拠点をサイバー脅威から防護する。 「ICS Shield」はトップダウン型の制御技術(OT)セキュリティ管理ソリューションで、複数の物理的な拠点および、複数種のオートメーション機器がつながったICS環境を保護。 また、1カ所のセキュリティオペレーション…


ハネウェル、「つながる」複数拠点をカバーするサイバーセキュリティ ソリューションを発表

ICS(産業用制御システム)向けサイバーセキュリティソフトウェア「ICS Shield」とマネージド・セキュリティ・サービスの組み合わせで、『つながった』複数拠点をサイバー脅威から防護 ハネウェルは、多様な複数プロセス制御ネットワーク、拠点やベンダーを有する産業用途向けのサイバーセキュリティ ソフトウェアソリューションを発表しました。産業界ではデジタル化への移行や施設間のネットワーク化が進むなか、統合されたサイバーセキュリティの重要性がますます高まっています。 複数拠点のサイバーセキュリティ管理は、ハネウェルの「ICS Shield(ICSシールド)」ソフトウェアが担います。ICS Shiel…


マクニカネットワークス、セキュリティ提供SecurityMatters社と代理店契約

マクニカネットワークス(横浜市港北区)は、産業用制御システムのセキュリティソリューションを提供するオランダSecurityMatters(セキュリティマターズ)と日本における代理店契約を締結、6月6日から「SilentDefense(サイレントディフェンス)」の販売を開始した。 同製品は、独特かつ複雑な産業用制御システムの特徴を捉え、ネットワーク監視、システム内のアセット管理、外部/内部脅威対策、ネットワーク設計ミス/操作ミス防止など、産業用制御システムにおける包括的なセキュリティ対策を実現する先進的なソリューションで、重要な産業用制御システムを止めないパッシブ構成で動作し、産業用制御システム…


カスペルスキー 制御用セキュリティを提供 サイバーリスクを防御

カスペルスキー(東京都千代田区、川合林太郎代表取締役社長)は、産業用制御システム向けの包括的なサイバーセキュリティサービス「Kaspersky IndustrIal CyberSecurIty」の日本国内での提供を開始する。 同製品は、産業用制御システムをサイバーリスクから防御するためのソフトウエアとサービス群で構成され、産業ネットワークならびに制御機器とフィールドデバイスの保護を目的とした新技術と最先端のインテリジェンスを組み合わせて提供する。 工場内の専用ネットワークおよび接続された制御機器や、フィールドデバイス保護を目的として開発された同製品は、制御システム専用に開発した監視用ソフトウエ…


アドバンテック Webベースで動作するHMI/SCADAソフトを日本市場に投入

産業用PCで世界シェアNo1のアドバンテック(東京都台東区浅草6―16―3、TEL03―6802―1021、マイク小池プレジデント)は、Webベースで動作するHMI/SCADAソフトウェアを開発し、日本市場でも販売を開始、無料セミナーも実施する。 従来、製造現場で活用される装置制御は、安定性とソフトウェア技術者の慣れから「PLC」と「産業用タッチパネル」の組み合わせで設計されることが多かった。特に日本における装置制御では、過去資産の流用や、過去の稼働実績、装置を発注する工場からの「標準使用書」の制約から、産業用PCや、SCADA(Supervisory Control And Data Acq…