環境監視装置 の検索結果

河村電器産業 「ネットワーク環境監視装置」を発売 10台までのパソコンを接続してリモート監視

河村電器産業(愛知県瀬戸市、水野一隆取締役社長)は、インターネットを利用してさまざまな現場環境を、10台までのパソコンを接続してリモート監視できる「ネットワーク環境監視装置」を発売した。 これは、離れた場所から温度、湿度、電流、電圧などの計測情報の収集や監視、制御が行える。HTTPサーバー機能でWebブラウザに対応、SNMPにも対応している。異常発生時にメールを送信できる。 また、総合監視ソフトを使用することにより、監視装置1000台までの制御が可能。 データセンターにある複数のサーバーラック監視に適した「RP482シリーズ」は、温度監視が最大50点、デジタル入出力が最大16点。 オフィスの各…


中央電子 FA機器搭載用カート「classic cart」

19インチマウントに対応 中央電子は「IoT/M2M展 春」に、3つの使用エリアで分けた運用イメージを訴求する展示を行う。ブースNo.は西3ホール18-40。 監視エリアでは、各エリアに遠隔装置を設置して設備環境をリアルタイムで監視できる環境監視装置「ND-EW04E」、フィールドバス用SNMPアダプタ「ND-FA02」、接点監視装置 「ND-SW01」、工場エリアでは、エッジコンピューティング用水冷ラックソリューション「Edge AI Rack」、FA機器搭載用カート、オフィスエリアでは、ITインフラのための一体型インテリジェントラック「SMARTCABINET」、スタンドアローン型オールイ…


中央電子 プライベート展盛況、課題解決へ多彩な提案

中央電子(東京都八王子市)は、「CECプライベート展2018」を同社営業センター(東京都八王子市)内に開設しているショールームで10月9~12日と15日に開催した。 同社の製品・技術をじっくり見て理解を深めてもらうために、招待者限定で開いており、今回で6回目。今年のテーマは「お客さまの課題可決と将来のための一歩先を行くテクノロジー」。招待者との打ち合わせを綿密に行ってもらうために今回は時間帯別に予約制にした。同社の製品ごとには担当者同士の理解が比較的深まっているが、会社全体としての理解を深めてもらおうと、取引先の経営者や事業部長クラスへの招待者を増やしている。 展示は、ラック関連では各種機能を…