中央電子「プライベート展」 12月10日まで

中央電子(東京都八王子市)は、「CECプライベート展2021(リアル+リモート)」を同社営業センター(八王子市)内に開設しているショールームで、10月11日~12月10日まで開催している。

今回で8回目となる同展は、招待客を限定して開催しているが、今年も昨年同様、コロナウイルス感染症を考慮して1日3組に限定した完全予約制で、リアルとリモートの2方式で実施。リモートは会場になかなか来ることが難しい、遠方の現場のお客さまから参加しやすいと好評で、一度に30~40人が複数の会場から見学することある。

今年の開催テーマは「CECのDX戦略」で、同社の誇る最先端の技術を駆使したスマート社会を実現するためのヒントにつながる製品・ソリューションを、大きく三つのゾーン(MEDEX、プロダクト、計測・制御)に分けて、新製品4、参考展示7、注目製品6など、合わせて17の製品・技術・ソリューションを披露した。

MEDEXでは、新静音シリーズ、新型セキュリティキャビネット、アイソレーショントランス搭載カート、術野カメラカートなどが、プロダクトでは新監視アプリケーションによるオフィス快適ソリューション、セルラーLPWAデバイス、AIを用いた入退室連携と新環境監視装置のコンセプトなどを、計測・制御ではEtherCATのメッシュ型トポロジに対応したワイヤレスセンサネットワークなどを披露。

また、新規技術開発では、ビデオで4件の研究成果を放映した。
同社では会期中に約700人の来場を見込んでいる。

https://www.cec.co.jp/cec/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG