無人搬送車 の検索結果

GII市場リポート 無人搬送車市場、25年 36億ドルに成長

マテハンの自動化需要増など グローバルインフォメーション(GII)が取り扱うMarketsandMarketsの市場レポート「無人搬送車(AGV)の世界市場(〜2025年)-COVID-19の影響」によると、世界の無人搬送車(AGV)市場は、2020年の23億米ドルから2025年には36億米ドルに達し、2020年から2025年までのCAGRは9.3%で成長すると予測している。 AGV市場の成長は、産業全体でのマテハンの自動化需要の高まり、大量生産から大量カスタマイズへの需要のシフト、COVID-19による電子商取引の需要の高まり、職場での安全基準の改善などが原動力となっている。新興国の産業成長…


ピーアンドエフ ポジションガイドセンサ「PGV」 無人搬送車の制御に特化

ドイツのセンサメーカー、ピーアンドエフ(PEPPERL+FUCHS)は、国際物流総合展に、マテハン業界向けに特化した各種センサを出品する。 自動倉庫、搬送ライン、AGV、フォークリフトなど、設備や搬送車両の様々な位置決めアプリケーションに応じて最適なソリューションを提案。 主な見どころは2つの新製品。無人搬送車(AGV)の制御に特化したポジションガイドセンサ「PGV」は、来場者がブース内のデモで実際にゲームをしながら製品性能を体感できる。また、フォークリフトなど移動体の障害物検知用に新技術PRT(パルスレンジングテクノロジー)を用いたマルチビームLEDスキャナ「R2100」も今回初出品する。R…


FAセンサ 各社の主力製品 エヌエー無人搬送車用センサ「ME-9100」省配線可能で分岐制御容易

センサ制御メーカーのエヌエーは、リードスイッチ応用磁気近接スイッチ、磁気抵抗素子応用磁気近接スイッチ、無人搬送車用センサ、フロートスイッチなどを製造販売している。 徹底した品質管理と生産自動化で国内生産を堅持、ユーザーの信頼が厚い。 無人搬送車用センサは、誘導センサとして、アナログ出力タイプ・デジタル出力タイプ、番地センサがマーカーセンサ・カウントセンサを用意している。 誘導センサのなかで、アナログ出力タイプME―9100は、磁気テープの位置情報をアナログ(DC2~8V)信号で出力するため入力ポートの数量を大幅に削減。また、ディレイル出力を搭載しており、磁気テープの有無を容易に検出できる。 さ…


FAセンサ 各社の主力製品 マコメ研究所無人搬送車用ガイドセンサ「GS-408」8ビット出力で世界最小最軽量

磁気センサ・磁気応用の大手メーカーであるマコメ研究所は、独自の磁気検出素子「可飽和コイル」により悪環境下でもメンテナンスフリーを実現し好評の磁気近接センサ、リニア変位センサ、リニアスケール、無人搬送車用(AGV)センサなどを製造販売している。 同社は技術開発力に定評があり、AGV用センサでは世界最小最軽量の8ビットガイドセンサ「GS―408」を開発し注目されている。 この8ビットパラレル出力のガイドセンサGS―408は磁気誘導型のAGV用で、ガイドテープや動作距離、電気的仕様など従来品と同様の高性能を保持しながら、外形寸法を幅80×高さ30×奥行き11・5ミリ、重さをケーブル・コネクタ部含め約…


光電・近接センサ各社の主力製品 エヌエー誘導センサ「ME-9016A」 中・大型無人搬送車に最適

センサ専門メーカーのエヌエーは、リードスイッチ応用磁気近接スイッチ、磁気抵抗素子応用磁気近接スイッチ、フロートスイッチ、無人搬送車用センサを製造販売している。 無人搬送車用センサは、目的地まで誘導する製品としてデジタル出力8ビット(ピッチ10ミリ)、同16ビット(ピッチ10ミリ)、アナログ出力(デジタル―アナログ)タイプを揃えている。また、位置情報を取得する製品として番地32種類(5ビット)、番地2種類(1ビット)のほかN極のみ検出、S極のみ検出の各タイプがある。 豊富な種類を用意しているが、ビット数の変更やピッチの変更などにも対応しており、小型から大型無人搬送車まで最適なセンサを選定できる。…


各社のFA関連製品 マコメ研究所ガイドセンサ「SW-1924H1」無人搬送車の走行を支援

産業用磁気応用センサのトップメーカーであるマコメ研究所は、優れた技術力を備え知名度の高さは抜群である。 無人搬送車用センサでも群を抜く実績を誇り、製品陣容も豊富である。 今年2月発売のガイドセンサ「SW―1924H1」は、走行ルートに貼られた同社製ガイドテープMGL―50―25、MGLシリーズ、MGRシリーズに対し無人搬送車が横方向にズレだすとスイッチング出力をするタイプである。 16個の磁気近接スイッチが横一列に設置されているため、きめ細かく無人搬送車の正確な走行を支援できる。 また、ガイドテープからの磁気を検出するため、ホコリやゴミなどに影響されず安定した誘導が可能である。 さらに、同社独…


各社のFA関連製品 エヌエー無人搬送車用センサー「ME-9016A」車体進路のずれを検知

センサー専門メーカーのエヌエーは、リードスイッチ応用近接スイッチ、フロートスイッチ、無人搬送車用センサー、アナログ変位センサーを発売。日本での製造にこだわり、高性能・短納期に加え低価格を実現、高い評価を得ている。 サンプル貸し出しをしており、実際の価格対性能効果を確かめられる。 無人搬送車用センサーは、誘導センサー、番地センサー、マーカーセンサー、マグネット、誘導テープをそろえている。 誘導センサーは地面に設置した磁気テープを検知し、常時その上を走行するよう誘導する。機種は、ME―9006AM―0(デジタル出力8ビット/10ミリピッチ)、ME―9016A(デジタル出力16ビット/10ミリピッチ…


【FAセンサ】回復、拡大基調。5G、IoT関連需要けん引

FAセンサの市場の回復基調に入っている。半導体製造装置、電子部品実装装置向けで需要が活発になっており、ロボット関連も上向きつつある。5GやIoTに絡む市場の動きが活発で半導体関連の需要が顕著に増えている。 新型コロナの与えるダメージは依然大きいものの、対応策やテレワーク市場など、あらたの需要も生まれている。FAセンサを活用する用途が次々創出されていることから、景気の波にさほど影響されない拡大基調が見込まれる。   半導体、電子部品も堅調 日本電気制御機器工業会(NECA)の検出用スイッチの出荷額は、2019年度が1017億4300万円(18年度比86.4%)となっている。減少の大きな…


DMG森精機×NTT Com ローカル5Gで共同実験、AGVを遠隔操作

DMG森精機とNTTコミュニケーションズは、ローカル5Gを活用して、無人搬送車に人協働ロボットを搭載した自律走行型ロボット(AGV)の遠隔操作などを行う共同実験を5月21日から開始した。 ローカル5Gは、企業や自治体が自らの建物や敷地内で5Gネットワークを構築して利用でき、超高速、多数同時接続が可能、低遅延などの特性を持つ。両社はローカル5Gを活用することで、高精細な位置情報・詳細な稼働情報取得による自動走行の精度向上や安全性向上、エッジコンピューティング側でのデータ処理負荷軽減による車体の軽量化などAGVの高性能化や、生産現場の自動化、DX推進に向けた可用性などを検討する。 実験は、DMG森…


ロジアスジャパン 新型コロナ感染防止策、アンチウイルスロボ発売、紫外線360度放射し消毒

ロジアスジャパン(東京都千代田区)は、新型コロナウイルス感染症の対策として「アンチウイルスロボット」の販売を開始した。 新製品は、人がいない夜間に、当該エリアを自律走行で紫外線を360度全方向放射して、消毒・滅菌を行うロボット。オプションのサーモグラフィカメラを搭載すると、日中は赤外線による体温検出や異常検知も行うことができる。 消毒と殺菌は、細菌のDNAとRNAを破壊し、効果的に死滅させることができる短波UVC紫外線を使用。自律移動のマルチポイント消毒は、約150分で1000平方メートルの消毒が可能。従来の手動や固定消毒と比べて10倍効率的かつ効果的という。 ロボットは中国の国家規格「GBT…