Search Results for 温度

【特集】温度調節器(計)

半導体・FPD 製造装置需要が追い風 化粧品・薬品・食品 3品市場も安定 温度調節器(計)市場が活況を呈している。半導体や有機ELなどの需要増を背景に半導体・FPD(フラットパネルディスプレー)製造装置の生産が急増していることに加え、食品・薬品・化粧品の3品市場、プラスチック関連市場なども堅調な拡大を見せている。IoTに対応した取り組みが各方面で進む中で、温度調節器(計)にも同様の機能を搭載した動きが目立つ。また、AI(人工知能)を採用したり、使用分野を専用化する動きも出てきており、今後の動向が注目されている。グローバル市場では日本メーカーが高い競争力を発揮する中で、新機能の搭載でさらに優位な…


理化工業 無線温度センサ変換器「NWS-Mini」 汎用センサに接続可能

理化工業はFOOMAに、新型温度調節計、無線温度センサ、携帯用温度計、ピーク電力抑制器など温度にかかわるソリューションなどを多数展示する。小間番号は6R-03。 新製品の無線温度センサ変換器「NWS-Mini」は、汎用の温度センサ(K熱電対)に接続することで、簡単に無線温度計測システムが構築できるもの。 接続できるセンサは、同社の貼付型温度センサST50シリーズや、市販のシース型K熱電対など、さまざまなK熱電対式温度センサが可能で、最大6台まで対応可能。また、設置方法も金属面設置(マグネット内蔵型=オプション)や、ストラップ設置などが選べる。 無線周波数帯は、2402~2482MHzで、通信距…


オムロン AI内蔵の温度調節器 熟練技術ノウハウを再現

オムロンは、AI(人工知能)機能を内蔵した温度調節器 「E5CD/E5ED」と、包装機用温度センサーE52-CA□DAYS□」を4月3日から発売した。 新製品は、これまで熟練作業者が生産品目や材料配合の変更など生産状況の変化に合わせて、経験と勘を頼りに行ってきたヒーターなどの温度パラメーター調整を、同社が長年培った温度制御のノウハウを生かした「業界初のAI機能による適応制御技術」(同社調べ)をはじめ、成形機や包装機向けの温度調整アルゴリズムを搭載している。 これにより、常に最適な値に設定を自動更新することで、ヒーターの立ち上げ時間短縮や、設備のシステム変更など環境変化によって、急な温度変化が発…


オータックス 温度ヒューズを内蔵端子台 「ATN-3PX」 配線ミスなどトラブル防止

オータックスは、DIPスイッチ、電源スイッチなどの各社産業用スイッチのほか、スイッチの接点技術を生かした各種コネクター、および端子台などをそろえている。 このうち端子台はカスタム対応品として、中国をはじめとした日系企業向けを中心に、顧客ニーズに応えた製品開発と現地で供給できる体制で評価を高めている。 端子台はエアコン用に加え、FAや産業機器向けでも販売を伸ばしている。 スイッチで蓄積した技術を生かしながら、信頼性の高い板ばねの使用など特色ある製品が大きな特徴。 このうち、温度ヒューズを内蔵した端子台の「ATN-3PX」(1-4A)は、特徴あるシリーズの一つで、配線ミスなどによるトラブルを防止。…


横河電機 2室構造の温度伝送器 優れた耐環境性実現

横河電機は、中位機種ながら上位機種と同様に、端子台と電子回路を隔壁で仕切って2室構造にしたことで、優れた耐環境性を実現した温度伝送器「YTA610」の販売を開始した。 YTAシリーズは、従来製品の「YTA110」と「YTA310/YTA320」から、今回発売する中位機種の「YTA610」と今年5月に発売した上位機種「YTA710」の2機種に刷新される。 現在市場にある中位機種の温度伝送器の多くは、温度や湿度など設置環境に制約があるが、同製品は中位機種ながら、上位機種の「YTA710」同様に端子台と電子回路を隔壁で仕切る2室構造を採用で、優れた耐環境性を実現した。 また、新シリーズは最新の通信規…


温度調節器(計)特集〜半導体製造装置 好調を反映、増加基調で推移〜

温度調節器(計)市場は、半導体製造装置の好調を反映し、増加基調で推移している。食品・薬品・化粧品の3品市場も堅調に推移するなど総じて明るい状況が継続している。海外でもアジア市場を中心に日本メーカーの競争力の強さが目立ち、依然高いシェアを確保している。技術的には、見やすさに配慮した表示素子の改良と文字サイズの拡大、測定データの活用を考慮した通信ネットワークやパソコンとの親和性、さらには、省スペース性、環境特性などを中心に改良が加えられている。 電子式が主流 温度精度が向上 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を、あらかじめプログラムした設定値と比較し、その差を修…


温度調節器(計)の製品動向 表示素子高輝度化など進展

ネットワークへの対応強化 温度調節器(計)の製品動向としては、小型軽量化、視認性や操作性の向上、ネットワーク化対応などがポイントになっている。 外形寸法は、DINサイズの96ミリ角から、48×24ミリまで各種あるが、搭載機器・装置の小型化傾向に合わせて、さらなる小型・薄型化傾向が強まっている。特に薄型化については、最近は60ミリ前後の製品も増えており、機器の省スペース化につながっている。 視認性では、文字が遠くからでもハッキリ確認できるように10ミリ前後の大型化傾向が目立つ。文字色も赤、緑、白など各社が独自の特色を打ち出している。 表示素子はLED表示が多く、高輝度LEDバックライトによる鮮明…


IDEC 温度センサ用防爆バリアを発売 熱電対、測温抵抗体など

IDECは、危険場所に設置された熱電対、測温抵抗体などの温度センサ用の絶縁バリア「D5072形」を9月30日から発売した。 新製品は、危険場所に設置された熱電対からのmV入力信号、測温抵抗体からの抵抗入力信号などをDC4~20mAへ変換し非危険場所にあるコントローラに出力する高機能な温度信号変換器で、バリアシリーズD5000シリーズの特長である薄形設計(12.5ミリ)、電解コンデンサを使用しない長寿命設計、広い使用周囲温度(マイナス40~70℃)、G3耐腐食コーティングの採用など、ユーザーにとって使いやすく信頼性の高い製品。今回の温度センサ用絶縁バリアをはじめ、同社では、本質安全構造の絶縁バリ…


オータックス 温度ヒューズ内蔵 端子台「ATN-3PX」 配線ミスなどのトラブル防止

オータックスは、DIPスイッチ、電源スイッチなどの各社産業用スイッチのほか、スイッチの接点技術を生かした各種コネクター、および端子台などをそろえている。 このうち端子台はカスタム対応品として、中国をはじめとした日系企業向けを中心に、顧客ニーズに応えた製品開発と現地で供給できる体制で評価を高めている。 端子台はエアコン用に加え、FAや産業機器向けでも販売を伸ばしている。スイッチで蓄積した技術を生かしながら、信頼性の高い板ばねの使用など特色ある製品が大きな特徴。このうち、温度ヒューズを内蔵した端子台の「ATN-3PX」(1-4A)は、特徴あるシリーズの一つで、配線ミスなどによるトラブルを防止。 端…


オプテックス 光沢金属向け 非接触温度計 複合材料の安定測定実現

オプテックスは、従来測定が難しいといわれてきた金属やセラミックなどの光沢面を安定して測定できる非接触温度計「GTL-3Mシリーズ」を発売した。 同製品は2.3マイクロメートルの検出波長により、光沢金属、非鉄金属やセラミックなどの複合材料の安定測定を実現、測定温度範囲も50~1800℃と幅広く、応答速度も1msと高速ラインにも対応可能。さらに、ツインレーザー照準にてセンサーヘッドの位置決めも可能なため、測定対象をしっかり狙って温度測定ができる。出力も4-20mAアナログ出力の他、リレー出力、シリアル、USB、Ethernetなど多彩で、冷却ハウジングやエアパージ管などの高温環境下での使用に適した…