時間 の検索結果

ビーランド・エレクトリック 施工時間70%削減、フラットケーブルシステム

誤配線防止も ビーランド・エレクトリック(横浜市港北区)は、搬送装置のコンベア向けなどに最適な電源供給フラットケーブルシステム「Podis(ポディス)」の拡販に注力している。 生産ラインや搬送ラインへの電源供給ケーブルの配線作業を大幅に軽減できるPodisは、フラットケーブルのどこからでも電源の取り出しが可能なモジュールシステム。 同社の独自のピアシングテクノロジーを使った接続方法により、モジュールにフラットケーブルを通し、ネジ締めを行うだけで接続が完了する。   また、配線時に必須であったケーブルの被服剥き作業が不要で、しかも誤配線を起こさない構造にもなっているため、施工時間を約7…


ビーランド・エレクトリック 電源供給フラットケーブルシステム「Podis」誤配線防止で施工時間短縮

ビーランド・エレクトリックは、ドイツに本社を置く配線接続機器の大手メーカー。現在販売に注力しているのが、搬送装置のコンベア向けに最適な電源供給フラットケーブルシステム「Podis(ポディス)」。 コンベアに沿ってはわせたフラットケーブルの自由な箇所から、電源の取り出しが可能なモジュールを持つシステムで、世界各国の自動車の生産ライン、空港の手荷物搬送装置、物流倉庫などで採用されている。 このシステムの最大の特徴が、独自のピアシングテクノロジーを使った接続方法だ。モジュールにフラットケーブルを通し、ネジ締めを行うだけで接続が完了する仕組みになっている。   また、配線時に必須であったケー…


島津製作所、半導体洗浄液中の微量な金属元素を短時間で測定する新技術を開発

▲開発した試作機 島津製作所は、レーザ誘起ブレークダウン分光法(LIBS:Laser Induced Breakdown Spectroscopy)の原理を用いて、同手法としては世界最高クラスの感度で微量な金属元素を測定する新技術を開発し、試作機による実証実験を開始しました。 当社は、半導体洗浄液に含まれる微量な銅やアルミニウム、チタンといった金属の測定・モニタリングにこの技術の適用を進め、2020年内に製品化することを目指します。また、新技術は、半導体以外の分野での活用も期待できることから、用途開拓を進めます。   【新技術開発の背景】 半導体の製造工程では、ウエハー上の金属や異物…


WashiON共立継器 盤間端子台「BKT-20形」配線時間短縮と誤配線防止

電磁接触器で高い実績を有するWashiON共立継器は、盤間端子台「BKT-20形」を発売した。盤間端子台は、電線を接続したままで、端子台の1次側、2次側を分離できるもので、盤間の配線作業時間を短縮でき、設置する場所で配線作業時において、誤配線を心配する必要がない。 配電盤間や制御装置間の配線接続および取り外しが容易に行え、端子ねじはバネアップ式のため、配線作業性も良い。 一般的に、盤を出荷する前に工場で電気検査を行った後、出荷時にはいったん分離し、現場で設置時に再び組み立てるが、盤間端子台を使うことで、制御線を離線することなくワンタッチで取り外し、現地でもワンタッチで接続ができる。 また、工場…


WashiON共立継器 盤間端子台「BKT-20形」配線時間短縮と誤配線防止

電磁接触器で高い実績を有するWashiON共立継器は、盤間端子台「BKT-20形」を発売した。盤間端子台は、電線を接続したままで、端子台の1次側、2次側を分離できるもので、盤間の配線作業時間を短縮でき、設置する場所で配線作業時において、誤配線を心配する必要がない。 配電盤間や制御装置間の配線接続および取り外しが容易に行え、端子ねじはバネアップ式のため、配線作業性も良い。 一般的に、盤を出荷する前に工場で電気検査を行った後、出荷時にはいったん分離し、現場で設置時に再び組み立てるが、盤間端子台を使うことで、制御線を離線することなくワンタッチで取り外し、現地でもワンタッチで接続ができる。 また、工場…


日本モレックス CE端子置き換え「MUO 2.5短絡コネクター」組立時間を短縮

日本モレックス(神奈川県大和市)は、ハーネス配線の終端部に取り付ける一般的なCE(短絡・終端用)端子の置き換えとして、「MUO 2.5短絡コネクター」を発表した。 従来のCE端子では、手作業のかしめ工程が必要で、作業者の熟練度による仕上がりのばらつきという不安定要素や、また、装着後の電線追加や分解・再加工ができないという課題があった。 新製品は、圧着端子・ヘッダーハウジング・端子保護リテーナーで構成され、2/4/8極の製品をラインアップ。ワイヤー結線作業を組手工程の最後にすることができるため、ベースハーネスの先行在庫管理の効率化、後工程での電線追加やリワークなどに柔軟に対応できる。 ハーネス品…


三菱電機 中形ワイヤ放電加工機発売 長時間の高精度加工実現

三菱電機は、超高精度油加工液仕様の中形ワイヤ放電加工機「MX2400」を10月12日から発売した。価格は5000万円、販売目標は2018年度30台。 新製品は、新開発の高推力シャフトリニアモーターと超高剛性リニアガイドを組み合わせた駆動システムにより、加工時の微小な軸振動を低減。ベッド部分に高剛性鋳物を採用し、リニアガイド取り付け面の超高精度研削加工と、これまでに培った組み付け技術により、サブミクロンの真直度を実現する。 また、機械本体の温度を一定に制御することで、長時間でも安定した高精度加工が可能で、100時間を超える直径400ミリ大径真円加工で真円度2μmを達成している。 安定したワイヤ電…


オムロン NC統合コントローラ発売 待ち時間を4分の1に短縮

オムロンは、マシンオートメーションコントローラに、Gコード対応や豊富な数値演算制御(NC)機能を搭載することで、高精度な複雑形状加工と、加工装置の生産能力向上を実現する「NJ/NYシリーズ NC統合コントローラ」を、10月2日から世界一斉に発売した。 新製品は、1制御周期内でPLCとNCのプログラムを実行。設計通りのタイミングで複数の工程を同期させることができ、NCで制御する加工機とPLCで制御する周辺装置間の信号のやり取りにおいて発生する待ち時間(インタロック待ち時間)を、別々のコントローラを使用する場合と比較して4分の1に大幅短縮。待ち時間が多数発生する加工装置のタクトタイム短縮に貢献する…


WashiON共立継器 盤間端子台「BKT-20形」配線時間短縮と誤配線防止

電磁接触器で高い実績を有するWashiON共立継器は、盤間端子台「BKT-20形」を発売した。盤間端子台は、電線を接続したままで、端子台の1次側、2次側を分離できるもので、盤間の配線作業時間を短縮でき、設置する場所で配線作業時において、誤配線を心配する必要がない。 配電盤間や制御装置間の配線接続、および取り外しが容易に行え、端子ねじはバネアップ式のため、配線作業性も良い。 一般的に、盤を出荷する前に工場で電気検査を行った後、出荷時にはいったん分離し、現場で設置時に再び組み立てるが、盤間端子台を使うことで、制御線を離線することなくワンタッチで取り外し、現地でもワンタッチで接続ができる。 また、工…


WashiON共立継器 盤間端子台を発売 配線時間短縮と誤配線防止

WashiON共立継器(長野県下諏訪町)は、端子台の新製品として、盤間端子台「BKT-20形」を発売した。 盤間端子台は、電線を接続したままで、端子台の1次側、2次側を分離できるもので、盤間の配線作業時間を短縮でき、設置する場所での配線作業において、誤配線を心配する必要がない。配電盤間や制御装置間の配線接続および取り外しが容易に行え、端子ねじはバネアップ式のため、配線作業性も良い。 一般的に、盤を出荷する前に工場で電気検査を行った後、出荷時にはいったん分離し、現場で設置時に再び組み立てるが、盤間端子台を使うことで、制御線を離線することなくワンタッチで取り外し、現地でもワンタッチで接続ができる。…