ソルトン ケーブルエントリーシステム 短時間配線でEMCも対応 【配線接続機器 製品紹介】

ソルトンは、独・アイコテック(icotek)社の革新的なケーブルエントリーシステムの販売に注力している。

コネクタや圧着端子が結線加工されたケーブルを分割形グロメットで挟み、分割形フレームに滑り込ませ固定させる。盤筐体面には貫通穴1つにケーブル、エアーホース、金属配管類も集約でき、組み立て作業の時間短縮につながる。盤筐体底面をIP54で塞げる専用シリーズも用意。

また、インバータやデータ伝送などノイズ対策には、ケーブル被覆を剥いて押込むだけのEMCクランプは、弾性形状で恒久的にシールド部と幅広く接触。またクランプ範囲はφ1・5㎜~75㎜と多彩なケーブルを簡単に固定できる。

取り付け方法も、DINレール、基板、ネジ直付け、リベットなどが選択可能である。

取得済規格は、RoHS、IP67/68、欧州鉄道難燃性規格のEN45545-3 HL3、ECOLABなどを取得済。 

新製品として、FDA準拠製品も発売しており、工作機械、鉄道、建機だけではなく、食品機械や医薬製造機械へも使用可能である。

https://www.solton.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG