日本ものづくりワールド の検索結果

速報取材レポート「第23回 機械要素技術展(M-Tech)」日本ものづくりワールド2019

2019年2月6日(水)〜8日(金)の3日間、東京ビッグサイトで中の「日本ものづくりワールド2019」。 製造業の「短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウン」に寄与することを目的に開催される総合展示会で、合計7つの展示会で構成されます。 第30回 設計・製造ソリューション展(DMS) 第23回 機械要素技術展(M-Tech) 第27回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR) 第1回 ものづくりAI/IoT展 第1回 次世代3Dプリンタ展 第1回 航空・宇宙機器 開発展(AeroTech) 第1回 工場設備・備品展(FacTex) 今回は国内外2,600社が出展、90…


速報取材レポート「日本ものづくりワールド2019」第30回 設計・製造ソリューション展(DMS)

2019年2月6日(水)〜8日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「日本ものづくりワールド2019」。 製造業の「短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウン」に寄与することを目的に開催される総合展示会で、合計7つの展示会で構成されます。 第30回 設計・製造ソリューション展(DMS) 第23回 機械要素技術展(M-Tech) 第27回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR) 第1回 ものづくりAI/IoT展 第1回 次世代3Dプリンタ展 第1回 航空・宇宙機器 開発展(AeroTech) 第1回 工場設備・備品展(FacTex) 今回は国内外2,600社が出展、…


「日本ものづくりワールド2019」2月6日~8日 東京ビッグサイト、7つの専門展同時開催

初出展420社 計1530社出展 日本最大級のものづくりの展示会「日本ものづくりワールド2019」(主催=リードエグジビション ジャパン)が、2月6日(水)~8日(金)、東京ビッグサイト(東4~8ホール、西1・2ホール)で開催される。 「設計・製造ソリューション展」「機械要素技術展」「3D&バーチャル リアリティ展」に、新たに開催する「ものづくりAI/IoT展」「次世代3Dプリンタ展」「航空・宇宙機器 開発展」「工場設備・備品展」の合計7つの専門展で構成。初出展420社を含む、1530社が出展、8万人の来場が見込まれている。 開場時間は10時~18時(最終日は17時まで)、入場料は5000円(…


日本ものづくりワールド2018 6月20日~22日 東京ビッグサイト 4つの専門展同時開催

日本最大級の製造業向け専門展「日本ものづくりワールド2018」(主催=リードエグジビションジャパン)が、6月20日(水)~22日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東1~8ホール、西1ホール)で開催される。同展は、「設計・製造ソリューション展」「機械要素技術展」「ヘルスケア・医療機器 開発展」「3D&バーチャル リアリティ展」の4展で構成。今回は過去最多の約2580社が出展し、約9万2000人の来場が見込まれる。開場時間は10時~18時(22日は17時終了)。入場料5000円(招待券持参者、事前登録者は無料)。   過去最高2580社出展 活発な商談や技術相談も 「日本ものづくりワール…


日本ものづくりワールド 世界最大級のものづくり専門展が開催

世界最大級のものづくり専門展「日本ものづくりワールド」(主催=リードエグジビションジャパン)が24日から26日までの3日間、東京ビッグサイトで開催された。26回目となる今回は、設計・製造ソリューション展と機械要素技術展、医療機器開発・製造展、3D&バーチャルリアリティ展で構成され、東西ホールを使い2230社が出展。約8万2000人が来場した。 ■最先端技術・製品が集結 同展は、世界初や世界一など、ここでしか見られない最先端技術や新製品が集まる展示会として注目を集める。 例えば、センチュリーイノヴェーション(西3-64)のスーパーエンプラ対応の超小型射出成型ユニットは、樹脂溶解技術を採…


日本ものづくりワールド2014 4展あわせ、2100社が出展、最先端技術、バーチャルリアリティ製品が一堂に集まる

世界最大級のものづくり専門展「日本ものづくりワールド2014」が、6月25日(水)から27日(金)までの3日間、東京ビッグサイト東1~6ホールで開催された。「第25回設計・製造ソリューション展(DMS)」「第18回機械要素技術展(M―Tech)」「第22回3D&バーチャルリアリティ展(IVR)」「第5回医療機器開発・製造展(MEDIX)」(主催=リードエグジビションジャパン)の4展合わせて約2100社が出展する。ものづくりの最先端技術やバーチャルリアリティ製品が一堂に集まるだけに、業界関係者にとって欠かせない場となる。 「機械要素技術展(M―Tech)」は、製品の研究開発のための最適な機械要素…


日本ものづくりワールド2013各社の主力製品 エヌエー泡による誤動作を解消

磁気近接スイッチ、フロートスイッチ、無人搬送車用センサメーカーのエヌエーは、ステップ出力フロートスイッチ、センサ分離型フロートスイッチ、高温フロートスイッチなど各種フロートスイッチを主体に出展、高性能・高品質を訴求する。 新製品のユニークなセンサ分離型フロートスイッチは、静電容量センサや超音波センサの欠点とされている液体タンク内部への液体付着による誤動作をなくすことに成功しており、ユーザーから高い評価を得ている。 独自の磁気近接スイッチ長距離検出技術とフロート技術によりセンサ部の分離を実現した。 液体タンクの外に設置した磁気近接スイッチでフロートに内蔵されたマグネットを検出する方式で、フロート…


日本ものづくりワールド2013各社の主力製品 WashiON共立機器機器的寿命は500万回以上

電気接触関連機器の大手メーカーであるWashiON共立継器は、NN2□―2形パワーリレー、BMS2(X)―2形直流手動開閉器、HVR形高速動作形三相電圧継電器、BMS2(X)―2形直流手動開閉器、CS1―10A形ソーラーリレーなど新製品を相次いで発売しているが、ユーザーの立場から開発する姿勢を徹底しており、高い評価を得ている。 新製品のNN2□―2形パワーリレーは、好評のNN形パワーリレー2個を透明のケースに内蔵した。ユーザーにとっては機器数と配線の省力化が可能である。接点性能はNN形パワーリレーと同じツイン接点を採用しており、接触信頼性が高い。また、接点材料はカドミレスの銀合金を使用している…


日本ものづくりワールド2013各社の主力製品 信明電機超小型・軽量で高精度実現

信明電機のトルクセンサーは、歪みゲージを検出部に応用しており、微少トルクを正確に検知できることから、一般測定用はもとより品質管理や工程管理などのセンサーとして活躍している。 従来の歪みゲージ方式では微少容量のものは機構部分のフリクションや測定時の推力の影響により測定が困難である。 同社のトルクセンサーは、衝撃アブソーバを採用したことにより感知部を衝撃から保護しセンサーの長寿命化を実現している。 種類は、回転型としてDM、アンプ内蔵型DMPAの2シリーズ。静止型としてSM、SSM、SMPAの3シリーズがそろっている。 静止型SMシリーズは、歪みゲージを応用したセンサーで、微少トルクが精度良く測定…


日本ものづくりワールド2013各社の主力製品 ジェルシステムPLC信号でSSR4台制御

ソリッドステートリレー大手メーカーのジェルシステムは、電力調整器IPCDシリーズを製造販売しているが、ACコントロールの様々な高精度制御に対応し、小型でローコスト化を実現するため、好評である。 IPCDシリーズは、電力調整用多点SSRコントローラーCC―SSR4、超小型単相用電力調整器IP1―C(サイクル制御)/IP1―PW(位相制御)、高機能三相用電力調整器IP3、素子故障・負荷断線検出機能付きSSRIP1―S、標準SSRと豊富な製品陣容である。 その中で、CC―SSR4は、PLCを中心としたシステム構成のフィールドネットワークとしてCC―Linkに対応した電力調整用SSRコントローラー。P…