Search Results for 拠点新設

富士電機アジアでの販売強化13年度960億円目標ベトナム、カンボジアに拠点新設

富士電機は、アジア地域での販売体制強化に向けて、ベトナムとカンボジアでの拠点新設、アジアの9つの販売会社の機能強化を図る。また、今年度中にミャンマーにも駐在員事務所を開設する。これらの取り組みで、2013年度のアジアでの売上高960億円を目指す。ベトナムではハノイに「富士電機ベトナム社」(小原宏一社長)を設立し、5月1日から業務を開始した。資本金は125万米ドル。 産業分野における受配電設備、計測機器、UPS、インバータ、サーボなどの販売、およびエンジニアリングや商業、オフィスビルのエレベータ向けおよび、工場用空調向けインバータの販売、発電・社会インフラ分野における各種プラントの販売支援などを…


オプテックス・エフエー国内に10営業拠点新設自社ブランドの強化拡大で16年売上高100億円目指す

オプテックス・エフエー(小國勇社長)は、国内を中心に自社ブランド製品の売り上げ比率の拡大、さらに国内に新しく10の営業拠点を設置するなど、営業・開発スタッフの大幅な拡充を行い、5年後の2016年に売上高100億円を目指す。 同社は、ここ数年イノベーション新製品の開発に注力、高精度の変位センサやレーザセンサ、市場シェアトップの画像センサ、さらに新技術を搭載した画像処理用LED照明機器など、自社ブランド製品の拡充を行ってきた。 今年1月には、業界最長の検出距離40メートルを実現したハイパワーのファイバユニット、ドイツ規格IP69Kを実現した高耐久性の光電センサを発売。6月には同社の画像センサ「CV…


FA・制御・電子部品流通 設備投資3年ぶり増加 ロボット活用で人手不足解消

FA・制御・電子部品流通を取り巻く環境は、総じて今年前半は前年同期を上回る状況で推移していたが、後半スローダウン気味の基調となっている。商社各社の売り上げは、前年を下回っているところもあるが、前年同期を数%~10数%上回っているところも多く、堅調に推移しているようだ。 国内市場はPV(太陽光発電)関連が牽引(けんいん)し、幅広い機器の需要拡大につながってきた。しかし、電力の買い取り価格の値下げや電力会社の買い取り制限など、PVを取り巻く環境が大きく変化してきたことなどから、急速に需要が減少している。 一方、省エネ関連の需要は安定して継続しており、工場のエネルギー使用の見える化や平準化、LED照…