オプテックス・エフエー国内に10営業拠点新設自社ブランドの強化拡大で16年売上高100億円目指す

オプテックス・エフエー(小國勇社長)は、国内を中心に自社ブランド製品の売り上げ比率の拡大、さらに国内に新しく10の営業拠点を設置するなど、営業・開発スタッフの大幅な拡充を行い、5年後の2016年に売上高100億円を目指す。

同社は、ここ数年イノベーション新製品の開発に注力、高精度の変位センサやレーザセンサ、市場シェアトップの画像センサ、さらに新技術を搭載した画像処理用LED照明機器など、自社ブランド製品の拡充を行ってきた。

今年1月には、業界最長の検出距離40メートルを実現したハイパワーのファイバユニット、ドイツ規格IP69Kを実現した高耐久性の光電センサを発売。6月には同社の画像センサ「CVS」全シリーズのリニューアルを完了。視認性や操作性が向上したほか、CVS2―Rシリーズはコストパフォーマンスの高さから、映像情報アワードで銅賞を受賞した。

7月に発売したセンサコントロールユニットは、同社の変位センサと三菱電機のPLCへの直接接続を可能にし、処理速度の向上と大幅なコストダウンを実現し、注目されている。

こうした画期的な新製品のもと、同社では今後、本格的に事業の拡充を推進し、16年度に100億円の売り上げを目指す。目標実現のため、売上高に占める自社ブランド製品の比率を約70%まで引き上げる。

現在、同社の売上高比率は自社製品が50%で、残りの50%は業務提携会社である独SICK
AG社の製品であるが、今後、国内の販売を中心に自社ブランド製品の売り上げ拡大を進める。このため、同社では思い切った投資を行い、営業・開発スタッフの大幅拡充を行う。具体的には、今後5年間で約100人の増員を行うとともに、国内に新しく10の営業拠点を早期に設置する。

その第1弾として、半導体や太陽電池、二次電池、電子部品など活発な需要が見られる九州地区に、九州営業所(福岡市中央区天神3―9―25、〓092―739―6230)を10月3日に開設する。

これまで九州地区は、同社本社(京都市)が営業を行ってきたが、営業所開設により、営業活動の一層の効率化と、より顧客に密着した提案型営業を展開する。

さらに、海外の販売強化にも取り組み、近々中国に駐在所を設置する予定である。こうした人員拡充と新拠点構築を滞りなく進めるため、次代を担うマネージャー層の育成を図る。現在30~40代の社員の中から有望な人材を選抜し、教育研修に力を入れて取り組んでいく方針である。

なお、同社の11年12月期第2四半期は、SICK社向け汎用センサを中心に海外販売が堅調に推移、国内売り上げは二次電池や半導体・液晶製造を中心に、特定用途向け変位センサやレーザセンサなどが好調に推移した。また、技術開発に注力した画像処理用LED照明も好調に推移した。

この結果、第2四半期の売上高は23億9500万円(前期比16・6%増)、営業利益3億500万円(同52・3%増)、経常利益3億2600万円(同50・3%増)、純利益1億8900万円(同66・9%増)と大幅な増収増益となった。

通期は売上高48億円(同6・4%増)、営業利益5億5000万円(同9・2%増)、経常利益5億8000万円(同5・6%増)、純利益3億5000万円(同12・6%増)を予想。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG