小型モータ の検索結果

【工場見学記】シチズンマイクロ本社、業績絶好調 小型モータ事業を支える精密ものづくり

シチズンマイクロ本社・日高工場(埼玉県日高市) 脈々と受け継がれる時計の技術 時計はメカ部品の集合体で、緻密なものづくりの象徴。そこで培われた精密加工組み立て技術は、あらゆる製品の小型・精密化と機能向上に貢献し、これから先もそうあり続けるのは間違いない。 シチズン時計の部品づくりを源流とするシチズンマイクロ。小型モータが医療機器をはじめ、多くの産業機器に採用され、業績は絶好調。好業績を支える精密ものづくりとは? 埼玉県日高市の本社・日高工場を見学してきた様子をレポートする。   小型モータ、減速機、エンコーダ等を自社開発 シチズンマイクロは1963年、シチズン時計の部品製造を行ってい…


マクソンジャパン船所社長に聞く、小型モーター世界展開 カスタムに強み

医療機器・精密測定器など採用 ロボットや自動化技術の進化と需要の高まりによってこれまでにないようなアイデアのロボットや自動機器が生まれ、あらためてその駆動部となるモーター選びの重要性が高まっている。 ハイエンドの小型モーターを世界で展開し、多くの最新ロボットに採用されているマクソンジャパンの船所匡司代表取締役社長に話を聞いた。   サービス市場の本格化にも期待 –御社について教えてください スイスに本社を構えるモーターメーカーで、売上高はグローバルで約570億円。主に500W以下の小型DCモーターを製造・販売し、コアレスモーターを得意としている。高速駆動と高い応答性、静音…


工場新設・増設情報【2021年2月19日版】

■村田製作所、野洲事業所に新生産棟完成  村田製作所は、野洲事業所の敷地内に新生産棟が完成した。地上7階建で延床面積は2万3052㎡。電極材料の生産を行う。投資金額は建物のみで約140億円。 ■プリマハム、鹿児島県に新工場  プリマハムは、2022年末までに130億円をかけて鹿児島県に新工場を開設する。老朽化した県内の既存工場からウインナーの生産を引き継ぐ。新工場は2倍の生産能力となる予定。 ■デンソー、東広島工場をデンソー九州に移管  デンソーとデンソー九州は、4月1日にデンソーの東広島工場をデンソー九州に移管する。新しい拠点名は「株式会社デンソー九州東広島工場」。東広島工場は、ワイパーシス…


フエニックス・コンタクト Push-inユーザー探訪コラボ漫画、第1回はオリエンタル・モーターを紹介

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区)は、同社のPush-inユーザーを訪ねるコラボ漫画「府江瑠々(ふえ・るる)のPush-inロード〜オリエンタルモーター編」を10月8日から公開した。作者は元エンジニア漫画家の見ル野栄司氏。   漫画では、同社新入社員キャラクターの府江瑠々が、産業現場で活用されるさまざまな製品・テクノロジーを、訪ね、学び、成長するショートストーリー。 第1回は、瑠々が先輩営業社員に同行し、精密小型モーターおよび制御用電子回路などの開発・製造・販売を手掛けるオリエンタルモーターつくば事業所を訪れるシーンから始まり、同社のプリント基板用端子台「DFMC 1,5シリーズ」が搭載…


矢野経済研調べ「小型・産業用モータ世界市場出荷動向」コロナ影響 20年下降、21年には回復見込む

矢野経済研究所は、2020年の小型モータ・産業用モータ世界市場の出荷動向について、2020年はコロナ禍の産業全般の生産落ち込みにより小型モータ世界出荷数量は前年比6.3%減の62億3219万個と発表した。21年から回復し、22年には65億900万個になると予測している。 車載向けを除いた20年の小型モータ世界市場規模は、新型コロナウイルスの影響でPCや通信関連機器、医療機器向けのモータ需要が増えているが、グローバル経済の低迷により産業全般の生産が落ち込み、小型モータ市場も減少する見込み。アプリケーション別では、これまで好調だった家電・住宅設備機器、産業機器関連の需要が大きな影響を受け、前者は消…


ミネベアミツミとルネサスエレクトロニクス、レゾルバ付きステッピングモーター フィードバック制御を実現

ミネベアミツミとルネサスエレクトロニクスは、ロボットやOA機器、医療・介護機器に最適なステッピングモータのソリューション開発で協業し、レゾルバ(角度センサ)付きステッピングモーターと、レゾルバモーター制御ソリューションを新開発した。これによりステッピングモータでフィードバック制御が可能となり、小型ロボットなど高精度な位置制御が求められる分野に最適なソリューションとなっている。 これまでフィードバック制御の主流はサーボモータで、センサとして光学式エンコーダが使われるのが一般的だったが、光学式なので価格が高く、振動や熱、ホコリなどが苦手という弱点があった。それに対して同製品はレゾルバ(角度センサ)…


ファナック 工場新設、内製化を推進

ファナックは、これまでサーボモータ部品の加工を行っていた山梨県忍野村地区の工場2棟を統合し、同地区内にサーボモータ部品加工を手がける工場を新設する。サーボモータ部品加工の効率化と内製化を推進する目的で、約120億円を投資する。 生産能力は、主にモータシャフトやフランジなどの生産で月に15万台規模。このほか、小型モータや内蔵ブレーキユニット、検出器の組み立ても手がける。投資額には、これらの生産設備の費用は含まれていない。 新工場は地上3階建て、延床面積は約5万5200平方メートル。2019年9月に完成予定。


工場新設・増設情報2月第4週

【日本国内】 ▼JSR 四日市工場(三重県)内に新研究棟(Center of Materials Innovation)を建設した。 同社は同工場内に石油化学系事業およびファイン事業(半導体材料事業・ディスプレイ材料事業等)のための研究所を保有。17年に創立60周年を迎えたことを契機に、これらの研究所に加え、今後のさらなる成長を見据えて、新しい形の研究棟を稼働させる。 延床面積は7286平方メートル。 ▼明治 岡山県倉敷市にザバスブランドで販売しているプロテインなどを生産する新工場を建設する。 スポーツ栄養市場は近年急速に拡大しており、中でもプロテイン市場は17年度は約300億円になる見込みと…


日本航空電子工業 オールプラスチックで低背防水コネクタ開発

日本航空電子工業は、金属製筐体タイプの小型サーボモータ向けに最適な、オールプラスチック化による軽量・ローコスト、かつ低背型コネクタ「JN14シリーズ」を開発した。 新製品は、ねじ止めによる嵌合固定方式を採用することでコネクタ取り付け厚さを抑え、高い接続強度と防水性能を実現するとともに、金属筐体への取り付けが容易な構造となっている。 サーボモータのI/Oとして必要となる電源用の4芯、ブレーキ用の2芯、エンコーダ用の9芯をラインアップしており、□40ミリ以上の小型モータに対応。 電源用の4芯レセプタクルは、金属製の筐体にアースコンタクトと接続したねじ止めで固定する構造となっており、コネクタの取り付…


SUS からくり仕掛けオートメ化提案 アルミフレームで組んだ搬送装置

FA向け機械装置の設計・製造を行うSUSは、先日行われた国際ロボット展で、同社のアルミフレームを組んで作った“からくり仕掛け”の搬送装置を出品。周囲の各社が最先端のロボット技術をアピールするなか、日本の伝統的なからくり仕掛けと改善技術を駆使したオートメーション・省力化を提案し、来場者の喝さいを浴びた。 同社が出品したのは、省スペース型のコンテナ搬送装置。アルミパイプ構造材とパーツ、モジュール製品を中心として組み上げ、ごく一部に小型モータを使った以外はすべてからくり仕掛けで動くというもの。極めて少ない電力で搬送ができる。 AGVがコンテナを運んで所定の位置に入ってくると、その勢いでピストン状にな…