増設 の検索結果

工場新設・増設情報 10月第3週

【日本国内】 ▼東洋製罐グループホールディングス 連結子会社である東洋製罐の西日本における飲料缶事業の生産拠点として、新たに兵庫県三田市テクノパークに土地を取得する。 面積は6万6086平方メートル(約2万坪)、取得額は35億円、工事着工時期は未定。 また、軟包装容器の市場拡大に対応する増産スペースの確保と、場内製造設備の再配置による生産性の向上を目的として、東洋製罐の豊橋工場内(愛知県豊橋市)に、軟包装容器を製造する新工場棟を建設する。 竣工は2020年3月予定、投資総額は約90億円(増産設備投資も含む)。   ▼ダイヘン ロボットの製造拠点である六甲事業所内(神戸市東灘区六甲アイ…


工場新設・増設情報 10月第1週

【日本国内】 ▼日本ガイシ 自動車排ガス浄化用セラミックスの生産拠点である石川工場(石川県能美市)の敷地内に建屋を増築し、新たに原料の調合を行う粉体生産設備を新設する。今後、生産能力を上回る需要を見込むことや、中国を中心とするアジア地域への供給体制の強化、BCPの観点から、約70億円を投資して原料供給体制を整える予定。 増築面積は4700平方メートル、工事期間は19年1月~20年5月、生産開始は20年6月。新規雇用数は約50人。 ▼出雲村田製作所 村田製作所の生産子会社である出雲村田製作所は、積層セラミックコンデンサの需要増加に対応するため新生産棟(島根県出雲市)を建設する。 延床面積は4万1…


工場新設・増設情報 9月第4週

【日本国内】 ▼旭ダイヤモンド工業 10月23日に千葉県と用地取得の売買契約を締結し、新工場(千葉県袖ヶ浦市)建設に着手する。生産品目は、千葉鶴舞工場と玉川工場から一部を移転する予定。 延床面積は約1万8000平方メートル、竣工は20年春の予定。建設費用は約70億円(工場建物など)。 ▼セイコーエプソン 17年10月に建設計画を発表した広丘事業所(長野県塩尻市)イノベーションセンターB棟の起工式を、9月13日に行った。イノベーションセンターB棟は、1階を商業・産業用大型印刷機の試作・量産工場およびデジタル捺染のテストラボエリアとし、2~3階をオフィスエリアとする3階構造を予定。商業・産業印刷分…


工場新設・増設情報 9月第3週

【日本国内】 ▼キユーピー 伊丹工場(兵庫県伊丹市)の跡地に、タマゴ加工品の生産拠点を中心とするグループの生販物一体型の拠点「関西キユーポート」を新設する。今後需要拡大が見込まれるタマゴ加工品の生産合理化を図り、これまで別棟に分かれていた割卵工場とタマゴ加工品の生産工場を集約し、割卵から加工までの一貫生産体制を整える。 延床面積は約2万平方メートル予定(S造5階建て)、竣工は20年1月、操業開始は20年春予定、投資額は約115億円。 ▼サントリー食品インターナショナル 長野県大町市と9月7日、工場立地協定書に調印した。「サントリー天然水」は2016年、17年と連続で年間販売数量1億ケース超えを…


工場新設・増設情報 9月第2週

【日本国内】 ▼神戸天然物化学 キログラム単位での機能材料向けの製造が可能な「キロラボ工場棟」および「研究棟」として、出雲工場(島根県出雲市)で建設を開始した。電子材料関連製品において、製造量がキログラム単位の引き合いが増加、さらにキログラム単位での試作により出雲工場の大型反応器での製造を見据えた開発ステージ案件の取り込みを企画し、キロラボ工場棟の建設に着手した。 延床面積は、257平方メートル(キロラボ工場棟)、538平方メートル(研究棟)、いずれも2019年3月完成予定、投資額は約6億円。 ▼ダイハツ工業 グローバルに競争力を維持・向上するための生産体制強化を目的に、操業開始から45年たつ…


工場新設・増設情報 8月第5週

【日本国内】 ▼ハーモニック・ドライブ・システムズ 17年12月に取得した有明工場用地(長野県安曇野市)に、新たに工場棟を建設。同敷地には2棟の既存工場棟があり、順次改装工事を実施し、第1号棟は18年3月から稼働を開始している。今回、さらに生産体制を増強するため、同敷地内に新工場棟を2棟建設する。産業用ロボット向け、半導体製造装置向け、フラットパネルディスプレイ製造装置向けを中心に生産能力を引き上げていく。 第3号棟=延床面積6040平方メートル(地上3階)、第4号棟=延床面積2万1818平方メートル(地上3階)、ともに19年9月初旬稼働予定、新工場2棟の投資額は約120億円。 ▼宇都宮機器 …


安川電機、瀋陽の工場を増設 サーボモータの生産強化

安川電機は、中国の安川電機(瀋陽)で増設を進めていた第3工場が竣工し、瀋陽市副市長ら政府関係者を招いて6月29日に現地で竣工式を行い、操業を開始した。 第3工場の延べ床面積は1万5700平方メートルで、第1工場(延べ床面積は1万平方メートル)、第2工場(同)と合わせて約3万5000平方メートルの広さとなる。 瀋陽工場では現在、サーボモータ/サーボアンプ、ロボットコントローラ、工作機械用主軸モータなどを生産しており、サーボモータ/サーボアンプは月産15万台であるが、第3工場稼働に伴い2018年度末には同17~18万台に引き上げ、19年度末には同20万台を目指している。 また、生産能力の増強では「…


工場新設・増設情報 7月第4週

【日本国内】 ▼エリーパワー 住宅、集合住宅、マンション、オフィス、産業向け等の定置用途および移動体用途のリチウムイオン電池の需要伸長を見込み、生産体制の拡大、強化を目的として、滋賀県蒲生郡の竜王工業団地に新工場建設用地を取得した。 面積は5万2600平方メートル、着工は2019年中、稼働開始は21年中の予定。 ▼セイコーエプソン 16年秋から建設を進めていた広丘事業所(長野県塩尻市)内の新工場(9号館)が竣工した。 新工場では、同社の最先端のインクジェットプリントヘッド「PrecisionCoreプリントヘッド」のコアとなる構成部品「Precision Coreプリントチップ」を生産。18年…


安川電機 中国の工場増設 竣工 ロボット生産強化

安川電機は、中国江蘇省常州市で増設を進めていた安川(中国)機器人のロボット生産の第3工場が竣工し、6月15日に現地で竣工式を行った。 安川(中国)機器人の敷地面積は5万2000平方メートルで、今回増設の第3工場の建築面積は1万1600平方メートル。 6月から稼働開始しており、第3工場の増設と第1工場・第2工場の再編により、生産能力は従来の月産1000台から50%増の1500台に拡大する。 中国では少子高齢化による人手不足や人件費の高騰などから生産現場の自動化が急速に進行。また、継続した経済成長に伴い、自動車関連市場のほかスマートフォン、家電製品、通信機器や重量物の搬送といった幅広い分野でロボッ…


工場新設・増設情報7月第2週

【日本国内】 ▼セブン-イレブン・ジャパン セブン-イレブン・沖縄は、2019年秋ごろに予定している沖縄県への初出店に伴い、取引先である武蔵野沖縄と連携のうえ、デイリー商品を製造する専用工場を沖縄県浦添市に建設する。 同グループは18年6月に沖縄県への出店を表明。24年2月までに県内に約250店の出店を予定しており、現地における工場や配送センターの設置等のインフラ整備を順次進める。 敷地面積は2万3217.71平方メートル、製造カテゴリーは米飯類、調理パン、麺類、総菜、サラダ等。竣工は19年7月の予定。 ▼ヤマトホールディングス ヤマトオートワークス(東京都中央区)は、全国トップクラスの工場数…