Search Results for 募集

FDT開発者セミナー 参加者を募集 11/21・29

FDT Group日本支部は、11月21日に「FDT開発者セミナー2017」を、NSD大会議室(東京都千代田区神田淡路町2-101、ワテラスタワー17階)で、同29日に「FDTユーザーセミナー2017」をTFTビル東館9階(東京都江東区有明3-6-11)で開催する。 FDT技術は、FA・PAの領域の現場機器において、ベンダーやバスプロトコルの垣根を越えたユーザーインターフェースを標準化するソフトウエア技術。機器状態の把握、計装保全の作業を効率化できる。 「開発者セミナー」は、これからFDTの仕様書解説やDTMの開発方法、開発ツールなどを紹介する。時間は午前10時~午後4時45分。定員60人。 …


GMIジャパン TUV機能安全資格セミナー 受講者を募集 4月25日から4日間

GMIジャパン(横浜市中区、田中健一社長)は、「FS機能安全エンジニア資格コース テュフラインランド」の受講者を募集している。開催日時は4月25日(火)~28日(金)の4日間。 このセミナーは、安全計装システムに携わるエンジニアに機能安全規格IEC61508/61511に関する基本的、かつ必要な知識を取得し、権威あるテュフラインランドの資格証を授与するもの。 受講対象者は、最低3年間、機能安全分野の経験がある方、大学工学部卒業、あるいは同等の業務経験がある方。 会場は新大阪丸ビル別館(大阪市淀川区東中島1-18-22)。 トレーニング言語は英語で、最終日に4時間の試験を行う。定員は20人。受講…


SCF/計測展の出展募集開始 2017年11月29日から3日間開催

オートメーションと計測の先端技術が集う総合展示会「システムコントロールフェア(SCF)2017/計測展2017TOKYO」(主催=日本電機工業会、日本電気制御機器工業会、日本電気計測器工業会)が、2017年11月29日〜12月1日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される。この展示会は、13年と15年は同一会場・同時開催で実施してきたが、17年からは国内唯一のFAの専門展と、国内最大の計測と制御の専門展として初めて合同開催となる。 コンセプトも「オートメーションと計測の先端技術総合展〜IoTで未来を拓くものづくり新時代〜」を掲げた。 インダストリー4.0などに代表される新しいものづくり時代では…


オプテックス・エフエー 第3回「現場川柳」募集開始

第三回となる「現場川柳」の募集が10月3日から開始された、応募は12月11日(日)まで。主催・オプテックス・エフエー。 「現場川柳」とは、同社が定めた「センサの日(10月3日(1003))を記念して、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などのあらゆる“現場”にまつわる川柳を募集する企画で、昨年の『第二回現場川柳』では、総応募3540作品の中から「ライバルは 昔同期で 今はロボ」(さごじょうさん)が大賞を受賞した。 漫画家の見ル野栄司氏(代表作・中経出版シブすぎ技術に男泣き!)を迎え、社内選考委員とともに厳選なる選考を行う。 大賞(1作品)、優秀賞(3作品)、センサの日賞(1作品)、入賞…


FDT セミナー参加者募集 26・27日、中野サンプラザで

FDT Group日本支部は、26日に「FDTユーザーセミナー2016」を27日に「FDT開発者セミナー2016」を東京・中野サンプラザ(中野区中野4-1-1)で開催する。 FDT技術は、FA・PAの領域の現場機器において、ベンダーやバスプロトコルの垣根を越えたユーザーインターフェースを標準化するソフトウエア技術。機器状態の把握、計装保全の作業を効率化できる。FDTではユーザーセミナーは毎年開催しており、IoTの要素技術を体感できる場として製造業に携わる多数の参加を募っている。 26日の「ユーザーセミナー」には10社(アズビル、NSD、エンドレスハウザージャパン、オムロン、シュナイダーエレクト…


エクス 「生産管理川柳」 今年も募集開始

生産管理システムを提供するエクス(大阪市北区、抱厚志代表取締役社長)は第2回「生産管理川柳」の募集を開始した。応募は10月31日まで。 第1回「生産管理川柳」では、空調機器の事業メーカー「空調技研工業」(福岡県糸島市)に勤務する岡部行治氏が「出来栄えは者に聞くより物に利け」で特賞を受賞している。 選考方法は、同社メルマガ11月号(11月24日配信予定)にて事務局で厳選した川柳を発表し、その中からさらに読者の「いいね!」投票にて決定。最終結果発表はメルマガ12月号(12月21日配信予定)にて実施。特賞は3万円分の商品券1本、優秀賞は5000円分の商品券9本。 俳句は「季語」が必用だが、川柳では特…


ICS研究所 151講座のイーラーニング受講者募集

制御システムセキュリティ対策の人材教育ツールを提供しているICS研究所(東京都調布市、村上正志代表取締役社長)は、「eICS」スタートキャンペーンを開始する。価格は1年間受講契約で1人10万円。申込期間は2016年7月1日~9月30日まで。 e-LearnIng教育ビデオ講座である「eICS」の特徴は、資料を読んで文字だけで学ぶのではなく、耳からも眼からも習得できることで記憶に残りやすいという特徴があり、現在151講座がある。 職種によってカテゴリが分けられており、各受講者のミッションに合ったプログラムを自らの考えで受講できるようになっている。一つの講座が15分前後にまとまっているので、テーマ…


経済産業省 地方版IoT推進ラボ 7月6日まで募集

経済産業省とIoT推進ラボは、地域におけるIoTプロジェクトを創出し、ビジネスを生み出すための「地方版IoT推進ラボ」の募集を開始している。 すでに全国組織としてIoT推進ラボが活動しており、個別のIoTプロジェクトの発掘・選定、企業連携・資金・規制の面から徹底的に支援し、大規模社会実装に向けた規制改革・制度形成等の環境整備を行っている。今回の地方版IoT推進ラボは、こうした取り組みを地方に広げる目的で設立された。 公募期間は6月10日から。第1弾の選定募集の締め切りは7月6日となっている。 詳細はHPから http://www.meti.go.jp/press/2016/06/2016061…


日本機械工業連合会 第7回ロボット大賞の募集を開始

日本機械工業連合会は、経済産業省、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省との共催で、「第7回ロボット大賞」の募集を開始している。 同賞は、日本のロボット技術の発展やロボット活用の拡大を促すため、特に優れたロボットや部品・ソフトウエア、それらの先進的な活用や研究開発、人材育成の取り組みなどを表彰する制度。応募のあったロボットについて審査を行い、各賞を決定する。7回目となる今回は、経済産業大臣賞に加え、新たに総務大臣賞、文部科学大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、国土交通大臣賞が創設された。 対象部門は、ロボットに関連するビジネスや利活用、システムインテグレーションの「ビジネス…


GMIジャパン TUV(テュフラインランド)機能安全資格セミナー 受講者募集

GMIジャパン(横浜市中区、田中健一社長)は、「FS機能安全エンジニア資格コース テュフラインランド」の受講者を募集している。開催日時は6月20日(月)~24日(金)の5日間。 このセミナーは、安全計装システムに携わるエンジニアに機能安全規格IEC61508/81511に関する基本的かつ必要な知識を取得し、権威あるテュフラインランド(TUV)の資格証を授与するもの。 受講対象者は、最低3年間、機能安全分野の経験がある人、大学工学部卒業、あるいは同等の業務経験がある人。 会場はTKP品川港南口会議室(東京都港区港南2-4-3、三和港南ビル4階)。トレーニング言語は英語で、最終日に4時間の試験を行…