Search Results for 効率化

シュナイダーエレクトリック 保守支援ARソリューション発売 人的ミス削減、作業効率化

シュナイダーエレクトリックのグループ会社であるデジタルは、拡張現実(AR)技術により生産現場での保守作業を効率化し、人的ミスを削減するソリューション「EcoStruxure Augmented Operator Advisor(シュナイダーARアドバイザー)」を8月から発売する。 工場における保全業務では、メンテナンス時間の約50%が、故障原因の追究や対処法を知るためのマニュアルや指示書、図面などからの情報検索に費やされている。故障の原因の約50%が人的ミスとも言われ、これらの問題解決が保守業務の効率化の鍵を握る。 同ソリューションは、AR技術でタブレットに映し出されたリアルタイムの映像・デー…


ミツウロコ・NEC・京セラコミュ LPガス配送を効率化 ソリューション共同開発

ミツウロコクリエイティブソリューションズと日本電気(NEC)、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、国内で初めて、新無線通信技術「LPWA」の1つである「SIGFOX」によるAI・IoTを活用したLPガスの配送業務効率化ソリューションを共同開発し、2018年の事業開始に向け実証を開始した。 同ソリューションは、LPガス事業者が行う検針業務、およびLPガス容器配送業務において、LPガスメーターにNECが開発した「LPWA対応IoT無線化ユニット」を設置し、KCCSが提供する「SIGFOX」の通信サービスを利用して、LPガスメーターの指針データを遠隔で取得する。 また、取得したデータをN…


横河電機 安全計装システム機能強化 防消火 運用を効率化

横河電機は、安全計装システム「ProSafe-RS(プロセーフ・アールエス)」の機能を強化した「ProSafe-RS R4.03.00」を、4月26日から販売開始する。価格は500万円からで、海外を含め初年度1700システム、次年度1800システムの販売を目指す。 今回の機能強化では、エンジニアリング機能に、煙、熱、ガスの検知に関して動作や機能を定義したソフトウエア部品(ファンクションブロック)と、操作監視画面用に、ガス濃度や機器の状態などの検知器の情報を統合して表示できる操作プレートを追加した。 また、検知器を再起動する機能をIOモジュールに追加することで、異常検知後に通信を再開するために必…


ICT投資拡大がポイント 効率化への新たな取り組みを 日本の生産性を高めるには?

日本の生産性はアメリカやドイツに比べて低いと言われ、第4次産業革命を進める上でも、生産性の向上は大きな課題であり、日本の製造業が熱望してやまないものでもある。日本がアメリカやドイツの生産性に追いつくためにはどうすべきか? 内閣府が1月にまとめた白書「日本経済2016-2017-好循環の拡大に向けた展望-」から紐解く。 ■OECD加盟35カ国中22位。平均以下の日本の生産性  日本生産性本部の調査によると、2015年の日本の一人当たりの労働生産性は7万4315ドル(783万円)で、OECD加盟国の平均8万9386ドルを下回り、35カ国中22位。ベンチマークしているアメリカは12万1187ドルで…


モノタロウ「資材調達効率化に貢献」鈴木 雅哉 代表執行役社長

2016年は、資材調達ネットワークを変革し顧客企業の間接資材調達改善に寄与する企業として、いっそうのビジネス基盤の拡大と利便性向上へ全社一丸となって取り組み、高い価値サービスの提供に尽力した。 特に新規顧客獲得に関しては、過去最大40万口座を獲得し、累計登録顧客数は220万口座に拡大、商品規模も取り扱い点数19カテゴリ1000万点に拡大した。当日出荷対象商品点数も約45万点に達し、業界最大規模の在庫・出荷体制を強化できた。大企業向け購買改革ソリューション提供事業は利用企業が280社となり、当社独自の購買プラットフォーム「モノタロウ ONE SOURCE」を9社に導入した。 海外事業展開ではイン…


IoT・スマートファクトリー 電気設計の効率化サポート 生産現場の効率化による工数削減と手戻りの未然防止

一元管理、大きなベネフィット 神奈川県座間市に本社を置く株式会社マグトロニクスは、製造業の生産設備に必要な制御盤・操作盤・配電盤やケーブル・ハーネスの製作を中心に「制御を取り巻くトータルソリューション」を提供し、日本が誇る工作機械、半導体製造装置、ロボットなど高度な技術を要する生産設備分野を支えています。 従来、同社では製作図を電気図面から手作業で起こしていました。そのため、多大な工数と図面間の不整合などがどうしても発生しており、電気CAD導入によりこの課題解決を目指しました。「まずは、生産現場の効率化を目的として、Komax自動機の導入検討から始めました。導入に向けて本格的に検討に入った折、…


マスプロ電工 RFIDゲートアンテナ RFIDで業務効率化 

マスプロ電工はRFID関連製品のラインアップを強化、同社が得意とするアンテナはもちろん、リーダライタ、RFタグなどを提供、工場、倉庫、物流施設などを中心に業務の効率化をRFIDでトータルサポートしている。 RFIDは製品ロケーション管理用途などで普及が進んでおり、データの読み書きが非接触でできるため、IoT導入を検討する際に欠かせない技術で、特に安定した通信の根幹になるアンテナは重要。 例えばRFIDシートアンテナはアンテナ部の厚さが1.8ミリと非常に薄く、軽いため、既存設備に追加でRFIDシステムを導入する場合も、設置スペースを選ばない。棚などに敷くのに適しており、部品棚、仕掛品棚、完成品置…


キヤノンITソリューションズ トータルソリューション「Wonderware」産業用オートメーション向け データ収集や管理を効率化

キヤノンITソリューションズは、産業用オートメーション向けトータルソリューション「Wonderware」が提供する製品群により、トレーサビリティや品質管理で高いレベルが要求される食品、医薬品、化粧品などの製造現場で工場のIoT化や、クラウド、ビッグデータなどの新技術を活用した次世代工場(スマートファクトリー)の構築に寄与している。 「Wonderware製品」は仏シュナイダーエレクトリック社が提供。HMI/SCADAから実績収集管理および分析、レポーティング、Web遠隔監視、工程品質管理、製造実行管理など、FAシステムに必要なあらゆる機能を提供でき、グローバルに高い実績を誇っている。 例えばト…


第12回国際物流総合展 IoTなど未来志向 456社2077小間が出展 輸送の高度・効率化へ

アジア最大級の物流・ロジスティクス専門展示会「国際物流総合展(LOGIS-TECH TOKYO)2016」(主催=日本ロジスティクスシステム協会、日本能率協会など関連5団体)が、13日から16日までの4日間、東京ビッグサイト(東1・2・3・5・6ホール)で開催されている。2年に1回開催される同展には、今回456社2077小間(前回418社1701小間)と、社数、小間数とも前回を上回る規模となった。開場時間は午前10時から午後5時。入場料は1000円(招待状持参者、事前登録者は無料)。また、自動認識総合展の来場者も再登録すると無料で入れる。期間中5万5000人(前回5万4686人)の来場登録者が…


マスプロ電工 RFID平面アンテナ「RAF2031」 RFIDで業務効率化

マスプロ電工はアンテナ技術を活用したRFID関連製品のラインアップを強化、企業の業務効率アップをトータルサポートしている。製造業ではトレーサビリティの強化、工程ごとの製品ロケーション管理など、以前にも増して工程情報の読み書きをする頻度が増え、RFIDはそれら情報管理のツールとして重要度を増し、特に安定した読み書きのためにはアンテナは重要な機器として認識されている。 同社では、屋外での作業も発生する入出庫管理工程に適した防水、防じん、塩害にも強い高耐候タイプのRFID平面アンテナを用意、しかも高利得、広帯域、低軸比と世界最高スペックを誇る(同社調べ)。また、陳列棚、在庫棚などに適したRFIDシー…