プリント基板用 の検索結果

フエニックス・コンタクト プリント基板用端子台・コネクタ「LPC6/LPCH6シリーズ」

単線・撚線を短時間で配線 フエニックス・コンタクトは、「信号・通信・電源」をテーマに、電子機器接続のトータルソリューションを提案している。 このほど発売した現場配線が可能なプリント基板用端子台・コネクタの新製品「LPC6/LPCH6シリーズ」は、従来のPush-in機能に加え、レバー操作で配線可能な大電流用スプリング接続式コネクタ。 Push-in接続を行う際はレバーを閉じた状態で電線の先端を挿し込み、Push-inできない撚線もレバーの上げ下げで簡単に結線・開放が可能となっており、工具が不要でシンプルな操作と配線時間短縮に貢献する。LPCH6シリーズは、信号用端子付きのハイブリッドコネクタ。…


フエニックス・コンタクト 低背型プリント基板用端子台 「SPTAF1シリーズ」 高さ8ミリで、高い操作性

フエニックス・コンタクトの新製品である低背型プリント基板用端子台「SPTAF1シリーズ」は、プッシュイン機能付きスプリング接続式端子台で、高さわずか8ミリメートルの低背型端子台。小型・薄型デバイスや高密度配線が必要な基盤に最適。 電線開放ボタンは、①ボタンが飛び出していないフラットタイプ②指やプラスドライバなどでの操作可能な凸ボタン③工具不要な保持機構付きボタンの3種類から選択可能となっている。 保持機能ボタンは押すとその状態で保持され開放したままとなるため、片手での簡単配線作業や、一度に配線・除去などもできる。また、ボタン横にスリットを設けたことでフラットタイプでも一般のマイナスドライバで操…


フエニックス・コンタクト 低背型プリント基板用端子台「SPTAF1シリーズ」 高さ8ミリで、高い操作性

フエニックス・コンタクトはテクノフロンティア(ブース№7D-201)に、通信・電源、信号用途に適した丸型コネクタや各種基板用端子台・コネクタを展示する。 このうち、新製品の低背型プリント基板用端子台「SPTAF1シリーズ」は、プッシュイン機能付きスプリング接続式端子台で、高さわずか8ミリメートルの低背型端子台で、プリント基板上への実装に最適。 電線開放ボタンは、(1)ボタンが飛び出していないフラットタイプ(2)指やプラスドライバなどでの操作可能な凸ボタン(3)工具不要な保持機構付きボタンの3種類から選択可能となっている。 また、保持機能ボタンで片手での簡単配線作業や、一度に配線・除去などもでき…


フエニックス・コンタクト 低背型プリント基板用端子台を販売開始 高さ8ミリ、操作性向上

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区、青木良行代表取締役)は、低背型プリント基板用端子台「SPTAF 1シリーズ」の販売を開始した。 新製品は、プッシュイン機能付きスプリング接続式端子台で、高さわずか8ミリの低背型端子台で、プリン基板上への実装に最適。 電線開放ボタンは、(1)ボタンが飛び出していないフラットタイプ(2)指やプラスドライバなどでの操作可能な凸ボタン(3)工具不要な保持機構付きボタンの3種類から選択可能となっている。 また、保持機能ボタンで片手での簡単配線作業や、一度に配線・除去などもできるほか、ボタン横のスリットでフラットタイプでも一般のマイナスドライバで操作可能になっている…


フエニックス・コンタクト 二段型プリント基板用コネクタ発売 プッシュイン式で業界最小

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区新横浜1-7-9、TEL045-471-0050、青木良行社長)は、このほど超小型・二段型プリント基板用コネクタ「DFMC 0.5 /DMC 0.5シリーズ」を発売した。 新製品は、2.54ミリピッチで高さ10.5ミリの二段型プリント基板用コネクタで、プッシュイン接続では業界最小(同社調べ)を実現している。 同社のプッシュイン接続機能は、単線(太さ・硬度による)と棒端子付き撚線を挿し込むだけで結線可能な方式で、簡単な配線作業で確実、かつ信頼性の高い結線を実現できる。 接点は、金めっき接点が標準仕様で、各種I/O、センサー入力に最適。また、ソケットはプラグ挿…


キムラ電機 耐環境端子台「TS-207B形」「TS-904/905形」「TSBシリーズ」

マイナス50℃~プラス150℃まで完備 キムラ電機は、端子台、表示灯、アナンシェータ、モザイクパネルなどの専門メーカーとして、ユーザーからの厚い信頼を獲得している。 端子台は、レール式用、プリント基板用、省配線用をはじめ、耐環境形、貫通形、省配線形など、用途に応じたタイプをそろえている。 このうち耐環境端子台シリーズは、耐熱性で材質に不飽和ポリエステル樹脂を使用した「TS-207B形」と同セラミックを使用した「TS-904/905形」、耐寒性で材質にフェノール樹脂を使用した「TSBシリーズ」などが完備しており、高温、低温下で高い環境特性を発揮する。 「TS-207B形」と「TS-904/905…


【各社トップが語る2019】フエニックス・コンタクト、IMAで新たな市場創出

代表取締役 青木 良行 当社グループ全体の売り上げは、前年から約12%伸び23億ユーロ以上となる見込み(現地通貨ベース)。独の8%増に対し、中国、アメリカなどが2桁の伸長で、売り上げの内容では、特にネットワーク関連領域で伸びている。日本の2018年12月期の売り上げは、前年から約10%アップし、過去最高を更新した。 18年1月から新たにIMA統括本部を発足させた。産業用ネットワーク関連のPLCやIPC、IOシステムなどを中心に担当しており、既存のDC、ICEと合わせ、3つの製品統括本部で取り組んでいる。 IMAは新規の大型案件が出てきており、当社の技術サポート体制も整い始めていることから、お客…


JUKI 高速化と高精度化を実現、3D基板外観検査機

JUKIは、プリント基板用の3D基板外観検査機「RV-2-3DH」を、12月10日から国内外で発売開始した。 RVシリーズは、プリント基板生産における検査のほかにも、車載部品や医療機器部品、電子デバイスなど、多様な計測・外観検査に活用ができ、目視検査の自動化や省人化、品質向上を図れる検査機シリーズ。 新製品は、1200万画素カメラを採用することにより、一度に撮像する画角を従来の30×30ミリから48×36ミリに拡大し、従来機比192%の画角拡張を実現。同社独自の高速画像処理アルゴリズムによって、クラス最速という検査スピード61.8平方センチ/秒を可能にした。 さらに、オプションの5μmレンズを…


【レポート】ハノーバーメッセ 2018 世界のデジタル技術を体感

5600社出展、21万人来場 4月23日から27日の5日間、ドイツ北部のハノーバーで世界最大級の国際産業見本市ハノーバーメッセが行われた。その様子をレポートする。   ■ハノーバーメッセとは? ハノーバーメッセは、毎年4月下旬にドイツ・ハノーバーで行われる世界最大級の国際産業見本市。1947年にドイツの戦後復興事業としてスタートし、昨年70周年を迎えた。 産業見本市の名の通り、出展対象は産業全域に広がる。FAやPA、モーションなどオートメーション技術、デジタルファクトリー、電力・エネルギー、産業用部品、産業向けサービスなど。同時開催でロジスティクス関連のCeMATも行われている。 会…


フエニックス・コンタクト レバー操作型PCコネクター 大電流用電線 簡単接続

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区)は、端子台「コンビコンシリーズ」の新シリーズとして、従来のPush-in機能に加え、最大10平方ミリのケーブルをレバー操作で配線可能な大電流用スプリング接続式プリント基板用コネクター「LPCH6/LPC6」の販売を開始した。 新シリーズは、ドライブ機器などの大電流で使用するコネクター接続において、従来難しかった撚(よ)り線の接続が工具を使わないで作業ができるもの。結線はレバーを上げた状態で単線・撚り線を挿入し、レバーを下げるだけで接続が完了するシンプル操作となっている。 レバーはパチンという音で完全にクローズが確認できることから接続不良の不安も解消。 さ…