ヒロセ電機 の検索結果

ヒロセ電機とハーティング コネクタ大手が協業、SPE対応品を共同開発

ヒロセ電機とドイツのハーティングは4月4日、シングルペアイーサネット(SPE)対応コネクタの共同開発と標準化、販売推進で協業すると発表した。 SPEは、1対のツイストペアケーブルでイーサネット信号を流す伝送技術。両社が開発するシングルペアイーサネットコネクタは、IEE802.3 BASE-T1の標準規格に採用されている。 両社は16年に10ギガビットイーサネット用小型インターフェースコネクタで協業しており、今回はシングルペアイーサネットによる新コネクタ技術の普及に向けた技術提携となる。 提供する製品群はコネクタ、ソケット、ケーブルおよび機器側のケーブルセットを想定し、嵌合面の標準化をはじめ、周…


ハーティングとヒロセ電機協業 I4.0に対応したコネクタ開発

独・ハーティングとヒロセ電機は、10ギガビットイーサネット向けの小型接続技術に関する開発・標準化、およびマーケティングで協業していく。現在の標準規格であるRJ45コネクタを中心に展開し、インダストリー4.0などの標準となり、小型かつより堅牢な、高速性能に優れたイーサネット接続インターフェースの開発を目指す。 ハーティングは、世界で初めて産業用途に適した小型現場結線タイプRJ45製品を開発した。しかし、産業用には真に適した接続技術とはいえず、導入の際には絶えず改良が加えられている。IoTやそのサービスがもたらすグローバルなデジタル化が進む中で、接続における部品やインターフェースの小型化は極めて重…


「第3回アキバエレショー」11月9日 アキバスクエアで開催、最新製品・技術が集結

「アキバ」活性化へ後押し メーカー64社出展 「第3回アキバエレショー」が、11月9日にアキバスクエア(東京都千代田区外神田4-14-1、UDX2階)で開催される。制御機器、電子部品、計測機器などのメーカー64社が出展し、最新の製品・技術を展示する。 開場時間は午前10時~午後5時。入場は無料(登録制)で、招待状なども不要。   「アキバエレショー」は、東京・秋葉原地区の制御機器、電子部品、計測機器などの商社22社が各社の仕入れ先メーカーの協力で開催するもので、今回は2014年、17年に続き3回目。以前、秋葉原の電子部品商社、アール電子(東京都千代田区、松本年生社長)が、自社の仕入先…


「アキバエレショー」11月9日開催、64メーカー出展 電子・制御・計測が一堂に

秋葉原の魅力を発信 東京・秋葉原地区の制御機器、電子部品、計測機器などの商社22社が共同で、「第3回アキバエレショー」を、11月9日午前10時~午後5時までアキバスクエア(東京都千代田区外神田4-14-1、UDX2階)で開催する。展示会にはメーカー64社が出展を予定しており、盛り上がりが期待されている。 アキバエレショーは、2014年11月に第1回を、17年2月に第2回を開催しており、今回が3回目。 過去には、秋葉原の電子部品商社、アール電子(東京都千代田区、松本年生代表取締役社長)が、自社の仕入先を中心としたプライベートな展示会として隔年で6回継続開催してきた経緯がある。 世界の「アキバ」と…


速報取材レポート公開!自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2018 名古屋

2018年7月11日(水)〜13日(金)の3日間、ポートメッセなごやで開催中の「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」。完成車メーカーから部品・材料メーカーまで国内外の最新技術と製品が集まる、自動車技術者のための技術展です。 今年の出展者数は367社以上。約40,000名の来場者を見込む、注目の展示会です。本ページでは製造業の技術者に向けて、展示会の概要と速報取材レポートをお届けします!  ▼「人とくるまのテクノロジー展 2018 名古屋」出展社ブースを取材した速報レポートをご覧いただけます。   取材レポート掲載企業 速報版では以下の企業を掲載しています。明日以…


JECA製品コンクール 国交大臣賞に三菱電機 経産大臣賞は東芝インフラシステムズ

「JECA FAIR2018(第66回電設工業展)」(主催=日本電設工業協会)で実施された「第57回製品コンクール」受賞製品が発表された。今回の製品コンクールには、大阪開催では過去最多の55社がエントリーし、審査を経て14社の製品が選ばれた。 国土交通大臣賞には、三菱電機の「B/NET統合検針システム」、経済産業大臣賞には東芝インフラシステムズの「リチウムイオン蓄電池搭載無停電電源装置」、環境大臣賞には東芝ライテックの「LED高天井器具軽量タイプ」に決まった。 また、中小企業庁長官賞にはMIRAI-LABOの「リフィルバッテリー式発電機G-CROSS(ジークロス)」、労働者健康安全機構労働安全…


「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」注目企業ブースの取材レポート公開

自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車技術の専門展「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」(主催=公益社団法人自動車技術会)が、5月23日(水)から25日(金)までの3日間、パシフィコ横浜で開催される。出展社585社の中でも注目度の高い36社のブースで披露された先端技術や製品を写真と解説つきで取材レポートをお届けする。 ▼「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」出展社ブースを取材したレポートをご覧いただけます。   取材レポート掲載企業 アルプス電機株式会社 弱磁場から強磁場まで安定した高精度検出を実現!磁気式角度センサ、 小型・…


アキバエレショー 2月7日開催 電子・制御部品など77社が出展 商社27社も協賛

東京・秋葉原地区の制御機器、電子部品、計測機器などの商社27社が協賛で、「第2回アキバエレショー」を、2月7日午前10時~午後5時までアキバスクエア(東京都千代田区外神田4-14-1、UDX2階)で開催する。展示会にはメーカー77社が出展を予定しており、盛り上がりが期待されている。 アキバエレショーは、2014年11月に第1回目を開催し、約1550人が来場した。 それまで、秋葉原の電子部品商社、アール電子(東京都千代田区、松本年生代表取締役社長)が、自社の仕入先を中心としたプライベートな展示会として隔年で6回継続開催してきた経緯がある。 秋葉原は、日本だけでなく、世界でも「アキバ」として知られ…


第1回アキバエレショー 秋葉原の商社28社が共同で開催 メーカー77社出展

東京・秋葉原地区の制御機器、電子部品、計測機器などの商社28社が共同で、「第1回アキバエレショー」を、11月7日午前10時~午後5時までアキバスクエア(東京都千代田区外神田4―14―1、UDX2階)で開催する。展示会にはメーカー77社が出展を予定しており、盛り上がりが期待されている。 日本だけでなく、世界を代表する電気街として知られている「アキバ」であるが、最近は昔に比べ全体的に販売力が低下気味となっている。 制御機器、電子部品、計測機器など、秋葉原に来ればすべての電子・電気部品が一カ所で揃うという利便性の良さを、秋葉原内外の商社などにもアピールしようと、秋葉原で営業している商社が共同で企画し…