デジタルラインスキャンカメラ の検索結果

竹中システム機器 デジタルラインスキャンカメラ、Opt-C:Linkインターフェース採用

竹中システム機器(京都市山科区)は、デジタルラインスキャンカメラ「TLC-16K5FBL(カラー)」「TL-16K5FBL(モノクロ)」の2機種を1月24日から発売した。 新製品は、Opt-C:Linkインターフェースを採用し、1万6372画素のCMOSリニアイメージセンサを搭載した高解像度・高速走査のラインスキャンカメラ。カラータイプは17.7kHz、モノクロタイプは38.9kHzで100メートルの画像伝送が可能。グローバルシャッタ機能とFFC機能を搭載している。 5μmスクエアと画素サイズが大きく、高感度・高精細な画像を得ることが可能。光通信を使用のため、ケーブル伝送中のノイズの影響が少な…


竹中システム機器、GigEインターフェース採用、水平・垂直ビニング機能を搭載のデジタルラインスキャンカメラ3機種発売

竹中センサーグループの一社で、画像検査機器メーカーの竹中システム機器(京都市山科区)は、このたび「デジタルラインスキャンカメラ TL-8K35AGE,TL-4K7AGE,TL-2K7AGE」の3機種を発売しました。 本製品はGigEインターフェースを採用し、グローバルシャッタ方式CMOSリニアイメージセンサを搭載した、高解像度・高速走査のラインスキャンカメラです。 〔概要〕 ■ GigEインターフェースを採用し、中継なしで100mの画像伝送が可能です ■ 最新の高性能CMOSリニアイメージセンサを搭載しており、高速動作が可能です ■ 画素数8,192(TL-8K35AGE)・4,096(TL-…


竹中システム機器、デジタルラインスキャンカメラを発売

竹中システム機器(京都市山科区大塚野溝町86―66、TEL075―593―9300、北川博司社長)は、撮像素子にCMOSセンサを搭載した、産業用デジタルラインスキャンカメラ「型式TL―4096ACL/TL―2048ACL/同ACLC」=写真=を発売した。オープン価格。年間販売目標は各機種500台以上。 TL―4096ACLは、画素数4096/データレート400MHz、TL―2048ACL/同ACLCは、画素数2048/データレート200MHzという高感度、高S/Nの画像を実現している。画素サイズは7μm×7μmで高精細。スキャンレートは、80kHzの高速動作を実現。水平、垂直ビニング機能により…


竹中システム機器 デジタルラインスキャンカメラ発売 高解像度・高感度画像を撮影可能

竹中システム機器(京都市山科区大塚野溝町86―66、TEL075―593―9300、北川博司社長)は、CCDリニアイメージセンサを搭載した、産業用デジタルラインスキャンカメラ「型式TL―7400FCL=写真=(価格30万円、レンズ別)/TL―2048CL(同26万6000円、レンズ別)」を発売した。年間販売目標は各500台。 TL―7400FCLは画素数7400、ビデオレート100M〓の高速・高解像度、TL―2048CLは画素数2048、ビデオレート20M〓の高感度・高S/Nの画像が得られる。 ビデオ信号は、7400FCLが2×8or10〓階調、2048CLが8/10/12/14〓階調で、それ…


竹中システム機器 100メートル画像転送スキャンカメラ

竹中システム機器(京都市山科区)は、デジタルラインスキャンカメラ「TL-8K35AGE/TL-4K7AGE/TL-2K7AGE」の3機種を9月10日から発売した。 新製品は、GigEインターフェースを採用し、中継なしで100メートルの画像伝送が可能。グローバルシャッタ方式でCMOSリニアイメージセンサを搭載しており、高速動作を実現する。画素数は、8192、4096、2048で、最大スキャンレート48kHzの高解像度・高速走査となっている。 水平・垂直ビニング機能の使用によって感度のアップができ、高密度画素配列により高精細な画像を得ることができる。