竹中システム機器、デジタルラインスキャンカメラを発売

竹中システム機器(京都市山科区大塚野溝町86―66、TEL075―593―9300、北川博司社長)は、撮像素子にCMOSセンサを搭載した、産業用デジタルラインスキャンカメラ「型式TL―4096ACL/TL―2048ACL/同ACLC」=写真=を発売した。オープン価格。年間販売目標は各機種500台以上。

TL―4096ACLは、画素数4096/データレート400MHz、TL―2048ACL/同ACLCは、画素数2048/データレート200MHzという高感度、高S/Nの画像を実現している。画素サイズは7μm×7μmで高精細。スキャンレートは、80kHzの高速動作を実現。水平、垂直ビニング機能により約4倍の感度アップが可能である。

Camera Link(Full Medium Base Configuration)仕様で、50/85MHzのクロックレートが選択でき、システムに合わせ豊富な組み合わせが可能。

DC12V単一電源で動作し低消費電力を実現。独自の回路設計、機構設計により小型・軽量化を図った。

暗電流補正回路を内蔵しており、周囲温度変化に対し、ビデオ信号が安定して得られる。通信でゲイン、オフセットの調整が容易に変更可能。

高速の処理が求められるシート状検査機器入力や画像処理用入力、外観検査機器用途、そのほかコンピュータと接続して行う画像処理一般の用途に適している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG