タムロン の検索結果

タムロン、1/1.2型センサー対応 φ29mmのコンパクトサイズのマシンビジョン用単焦点レンズ発売

総合光学機器メーカーのタムロン(埼玉県さいたま市)は、1/1.2型の大型センサー対応で、5メガピクセルの高解像度を実現しながらも、業界最小(※)φ29mmのコンパクトサイズを達成した焦点距離6mmのマシンビジョン用単焦点レンズM112FM06を発売します。 これにより1/1.2型(M112FMシリーズ)は、6mm F/2.8、8mm F/2.4、12mm F/2.0、16mm F/2.0、25mm F/1.8、35mm F/2.1、50mm F/2.8、75mm F/3.5と多彩な焦点距離を持つ8機種に拡充しました。 ※1/1.2型センサーに対応し、5メガピクセルを実現するマシンビジョン用カメ…


タムロン 小型カメラモジュール ラインアップ拡充

タムロンは、2016年に発売した業界初の光学防振機構搭載の超小型カメラモジュール「MP1010M-VC」をさらに進化させた新製品「MP1110M-VC」を6月25日から発売した。価格はオープン。 「MP1010M-VC」は、撮影時の画像のブレを低減し、鮮明な映像撮影を可能にする同社独自の光学防振機構の搭載、全長58.4ミリメートル、質量約77グラムのコンパクト設計、およびFull HD映像出力対応、高い光学性能などで高評価を得ている高画質カメラモジュール。 新製品はこれらの特徴を継承しながら、ユーザーニーズに応え、人の動きを検知することで自動的に撮影を開始するなどの設定が可能なモーションディテ…


タムロン、小型カメラモジュールのラインアップを拡充

総合光学機器メーカーのタムロン(さいたま市)は、2016年に発売した業界初※1光学防振機構搭載の超小型カメラモジュール「Model: MP1010M-VC」を更に進化させた、新製品「Model: MP1110M-VC」を発売します。 タムロンはセキュリティ市場で培ってきた技術と、様々な特性のレンズ開発を手がけるメーカーとしてのノウハウを生かし、業界初(※1)の光学防振機構搭載の超小型カメラモジュール「Model: MP1010M-VC」を発売しました。 新製品の「Model: MP1110M-VC」は、高評価を頂いた「Model: MP1010M-VC」の特長である光学防振機構搭載や小型・軽量…


タムロン 3メガピクセル対応レンズ発売 可視光から近赤外光までカバー

タムロンは、可視光域、近赤外光域の全域において高画質を実現した、3メガピクセル対応のバリフォーカルレンズ「M13VG2813IR」を、8月1日から発売した。価格はオープン。 新製品は、非球面レンズやLD(異常低分散)レンズの採用と、高度な光学設計技術により、3メガピクセルカメラやフルHDカメラに対応する高画質を実現。また、開放F値をF/1.4とすることで、メガピクセルでありながら暗所での使用を可能にしている。 メガピクセルに対応する高画質化を図りながら、最も使用頻度の高い焦点距離2.8−13ミリメートルをカバー。とくに広角側の焦点距離を2.8ミリメートル(画角:125.1度)とすることで、部屋…


タムロン マシンビジョン用単焦点レンズ拡充

タムロンは、1/1.2型の大型センサ対応で、5メガピクセルの高解像度を実現しながら、業界最小φ29ミリのコンパクトサイズを達成したマシンビジョン用単焦点レンズ「M112FMシリーズ」に4機種を追加。7月10日から発売した。価格はオープン。 同製品は、5.86μmピクセルピッチ1/1.2型と、3.45μmピクセルピッチ2/3型の両方に対応。最大5メガピクセル相当の高解像度を実現しており、φ29ミリのマシンビジョン用レンズの中でも、最高レベルのコントラスト・解像度を保持している。その高い特性は、異なる焦点距離にもかかわらず、同社独自の光学設計により、4機種ともに均一に保たれている。 最新の光学技術…


タムロン 36倍電動ズームレンズ発売

タムロンは、このほど箱型セキュリティカメラに最適な高倍率36倍電動ズームレンズ1/1・8型10―360ミリF1・6の2モデル「M118ZG36X10IRPF/M118ZG36X10IRP」=写真=を発表した。 これまで国境や港湾、森林、空港や発電所など重要施設の広いエリア監視では、アナログ・SDカメラと高倍率ズームレンズの組み合わせが業界標準で使われていたが、同製品は長焦点距離10―360ミリの高倍率36倍電動ズームレンズを、昼夜対応のフルHDで実現している。


速報取材レポート「国際画像機器展2018」最先端のマシンビジョンとは?

2018年12月5日(水)~7日(金)の3日間、パシフィコ横浜で開催中の「国際画像機器展2018」。ものづくりにおける自動化・省人化を支える技術として、ますます注目を集めるマシンビジョンの分野。ロボットビジョン、メディカル、セキュリティ、3次元、ITS、インフラ整備といったテーマの最新技術が集まる展示会です。 今回は国内外約210社が出展、17,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは注目ブースを取材して見どころをまとめた速報取材レポートをお届けします。 速報取材レポート掲載内容 テレダイン イメージング - テレダイン・ダルサ株式会社 CMOSモノクロラインカメ…


速報取材レポート公開!「第1回[名古屋]ネプコン ジャパン」

2018年9月5日(水)~7日(金)の3日間、ポートメッセ なごやで開催中の「第1回[名古屋]ネプコン ジャパン」。今年初開催となるエレクトロニクス機器の多機能化・高性能化を支える世界最先端の電子部品・材料や製造・実装・検査装置が一堂に集結する展示会で、国内外590社以上が出展、30,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催展を含む)。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。“今”欲しい情報を写真満載でまとめたので、ぜひダウンロードしてご覧ください! 速報取材レポート掲載内容 以下の企業を掲載しています。 三幸通商株式会社 DIP手挿入ラインの検査自動化を実現。検査タ…