タムロン 3メガピクセル対応レンズ発売 可視光から近赤外光までカバー

2017年8月28日

タムロンは、可視光域、近赤外光域の全域において高画質を実現した、3メガピクセル対応のバリフォーカルレンズ「M13VG2813IR」を、8月1日から発売した。価格はオープン。

新製品は、非球面レンズやLD(異常低分散)レンズの採用と、高度な光学設計技術により、3メガピクセルカメラやフルHDカメラに対応する高画質を実現。また、開放F値をF/1.4とすることで、メガピクセルでありながら暗所での使用を可能にしている。

メガピクセルに対応する高画質化を図りながら、最も使用頻度の高い焦点距離2.8−13ミリメートルをカバー。とくに広角側の焦点距離を2.8ミリメートル(画角:125.1度)とすることで、部屋のコーナーに設置して部屋全体を撮影することができる。

さらに、可視光と近赤外光が入り交じる夜間においても、隅々まで被写体をクリアに撮影。しかも、色収差を極限まで低減する光学設計を行い、色ニジミの少ない描写を実現。高度な設計解析を駆使し、画像に悪影響を及ぼすレンズ面での光の反射を防ぎ、さらにマルチコートを採用することで、フレアー、ゴーストの発生を低減しているうえ、部品一点一点の精度を高め、かつ高度な製造技術による生産で、像移動や片ボケなどの画質の劣化を防ぐ工夫をしている。

加えて、レンズマウント面からのレンズ(後玉)の出っ張りを配慮した設計により、カメラ内の構造物と干渉することなく、ほとんどのカメラに装着可能となっている。